ワイン 173

3月3日と言えば「雛祭り」ですが、お祝いに(?)という事にちなんで、
またまたワインを飲んでしまいました・・・。

今回のワイン、「カザー」2009年です。
f0182173_2253212.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州にある「ソノマ」地区の
「ピノ・ノワール」という品種のブドウで造られたワインです。

造り手は、ソノマ地区の小規模ガレージワイナリー「シャスール」です!
創業は1994年と若いワイナリーですが、今では「オベール」、「キスラー」
「ロキオリ」、「マーカッサン」などと共に、ソノマ地区でわずか7生産者しか
存在しない「アドヴォケイト誌」の「Extraordinary(96点越)」の生産者
の1つに数えられているのですっ!! 「シャスール」のオーナー醸造家
である「ビル・ハンター」さんは、イリノイに生まれ育ち、アメリカ海兵隊を
除隊した後、ロスアンジェルスへと移り住みます。その後サーフィンをして
楽しんでいた生活の中で、ワイナリーの女性と恋に落ち結婚!。その後、
U.C.デイヴィス校を経て、「ロンバウアー」や「ボニー・ドゥーン」などで働き
1994年、いよいよ2樽ばかりの「ダットン・ランチ(畑)」からのシャルドネで
「シャスール」は産声を上げました! それからは美味しいと評判がウナギ
登りで、瞬く間にソノマ地区を代表するワイナリーに成長して行きました!

「シャスール」とは、フランス語で「狩人」、英語で「ハンター」という事です。
オーナーのビル・ハンターさんの名前から来ています。そしてこの「カザー」
はスペイン語で同じく「ハンター」という事です。表示はソノマ・カウンティなの
ですが「R.R.V.」産の上質な果実を厳選使用。 新樽比率は50%に及び、
マロラクティック発酵は100%のようです・・・。

他のソノマ地区のピノ・ノワールの代表銘柄ワインは、1本数万円もしますが
この「カザー」はセカンドラベルなので¥2000-程なのですっ!! この
最高のコストパフォーマンスのワインを「雛祭り」の日に、「安旨ワイン探検隊」
が、またまたテイスティングです~。いざっ、オ~プン~~!!・・・。
f0182173_22531067.jpg
このワイン、カリ・ピノらしく、開けてスグからむせ返るぐらいに強烈な香りが
一気に広がって来ました~!! まるでフルーツ爆弾ですっ! ベリー系の
ジャムやラズベリージャムのような濃度の高い果実の甘みがスゴイですっ!
味わいもあまり酸味は無くてフルーツの甘さが前面に来て、ほんのりと渋み
が奥の方に感じられます・・・。アルコール度数が14・5%と非常に高いので
アフターも強烈でした・・・。  本当にスゴいワインでしたね・・・。

最近、あまりに強烈なアメリカのワインを飲んでいると、飲み飽きてしまって、
後半は疲れてしまうんですね~・・・・。 美味しいんだけどなぁ・・・。
そんな「雛祭り」に相応しい(?)ワインでした。 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-03-03 04:52 | お店のご案内

<< 2012パウダーフォト・ダイジ... 白馬遠征バックカントリースキー! >>