ワイン 180

アッと言う間に3月が過ぎ去ってしまい、新年度の4月が新たに
始まってしまいました~。なので、「安旨ワイン探検隊」も気持ち
を新たにして、さらに頑張っていこう!という事になりました~。

今回のワイン「モレ・サン・ドニ、ドメーヌ・デュジャック」2008年です。
f0182173_20165138.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方にあるモレ・サン・ドニ村
で造られたワインです。

造り手は、モレ・サン・ドニ村随一の名手「ドメーヌ・デュジャック」です!
名手と言っても老舗の造り手ではなく、当主の「ジャック・セイス」さんは
60年代~70年代にかけてワイン造りを始めた新しいドメーヌなのです。
しかし、新しいドメーヌなのですが、このモレ・サン・ドニ村にある特級畑
である「クロ・ド・ラ・ラロッシュ」と「クロ・サン・ドニ」の2つ共を持っている
のです! この2つの特級畑を持っているドメーヌは老舗でもなかなか
ありません!

この「ドメーヌ・デュジャック」のワイン醸造スタイルは、ブルゴーニュの
造り手で今では少なくなった「除梗しない派」なのです。果梗を発酵時に
加えるとえぐみや青い香りをもたらすが、ブドウ果梗には抗酸化作用や
タンニンを吸収する作用があり、ワインに複雑味を与えるのです。当主
「ジャック・セイス」さんが、除梗しないという古典的な手法を用いている
のですが、ブドウ果実は完全に完熟してから摘み取りします。 そして
最近は新樽での熟成比率を逆に下げてマロラクティック発酵の時間を
長くして低温で貯蔵!、自然な味わいのワインを目指しているようです。
現在はジャックさんの息子である「アレックス」さんと「ジェレミー」さんが
切り盛りをされている「ドメーヌ・デュジャック」。2000年から新しく始めた
ネゴシアンの「デュジャック・フィス・エ・ペール」もあり、さらに「ヴォーヌ・
ロマネ」村でも特級畑を手に入れていて、今後がとても楽しみなドメーヌ
なのですっ!!・・・・。。


僕の長い間憧れだった、神技の持ち主である「ジャック・セイス」のワイン、
今回はまた、僕たちの夢が一つ叶います! いよいよ「デュジャック」を
オ~~プンですぅ!!・・・・。
f0182173_2017214.jpg

このワイン、開けてスグはちょっと固い感じがして、あまり香りが立って
来ませんでしたが、少し時間が経つと素晴しいブルゴーニュらしい香り
が開いて来ました~!! 腐葉土のような感じや上等な漢方薬のような
とても複雑な香りが黒フルーツの果実感に合わさっていて、ウットリする
ぐらいに美味しいです!! 味わいも、若いワインのせいか酸味が少し
ありましたが、その酸味も味わいのひとつなのか?と想わせるぐらいに
全体的にバランスが良くて、美味しかったですぅ!・・・。 2時間以上も
時間をかけてゆ~~っくりと飲んで行きましたが、時間が経つに連れて
美味しくなっていくワインでした・・・。

銘醸ドメーヌの村名ワインなので、5千円台ですが、絶対におススめの
ワインです。ブルゴーニュ好きは通るべき王道ですね・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-04-03 03:16 | お店のご案内

<< 大荒れの猛吹雪!=パウダー!! スプリングバンクのお知らせ。 >>