ワイン 181

「スプリングバンクのホリディ」中に飲んだワインです~。

今回のワイン「W.h スミス、ソノマコースト」2008年です。
f0182173_1165015.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州にある「ソノマコースト」
という海側の地域で造られた、ピノ・ノワール種のワインです。

造り手は「W.h スミス」夫妻です。 彼等は1974年から 「ラ・ホタ」
というワインを造って来ましたが、友人である「マーカッサン」で有名な
「ヘレン・ターリー」女史の影響でピノ造りに惹かれ、「ラ・ホタ」を売却、
今度は舞台をナパからソノマへ、ブドウをカベルネからピノに移して、
新たな自身のブランド「W.h スミス」を設立しました。そして当初から
カリ・ピノの史上第2位となるミラクルスコアの【WS96点】を獲得!!
ソノマコーストでカルトワインの地位を築いていきました~。

この「ソノマコースト」というキュヴェは、シングルヴィンヤード産では
ありませんが、最上級ワイン「マリタイム」と同じヘレンタル、モーリス、
ツインヒルランチ、フロチニ、という4つの極上の畑のブドウが使われ
ているのです!! そして醸造は、7~12日間の低温マセレーション
により風味と色素を抽出。パンチングダウンと適度の圧搾により色調。
そして、フレンチオーク古樽により9ヶ月間の熟成がなされています。


こんなに素晴しいカリ・ピノワインを、スプリングバンクの常連である
H 夫妻から頂きましたので、今回は思い切って飲んでみました~!
H 夫妻、どうもありがとうございます~。それでは、オ~プンですっ!!
f0182173_1165844.jpg
このワイン、開けてスグからは優しい香りがグラスに広がって来ます。
ベリー系の香りと優しいオークのニュアンスが、とても心地よい感じで
エレガントな感じです。味わいも滑らか!、最近の強烈なカリ・ピノの
ような感じでは無くて、優しく美味しいワインです。ベリー系の果実感
がとても印象的でした~。 最後まであまり味わいは変わらず、最後
までベリー系のワインでした。

最近の「ソノマコースト」産のワインは、本当に美味しいピノ・ノワールが
多くなってきたと思いました。
(H 夫妻、どうもありがとうございました。重ねてお礼申し上げます)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-04-12 04:06 | お店のご案内

<< 明神岳1峰登頂~奥明神沢スキー... 白馬バックカントリースキー!! >>