ワイン 185

昔のテレビアニメの「ヤッターマン」に「ドクロベエ様」がいたように、
僕たち「安旨ワイン探検隊」には、いつも高級ワインを提供してくれる
「謎の提供者」さんがいらっしゃるのです~!!・・・。今回のワインは、
その「謎の提供者」さんからのご提供された高級ワインですぅ!

今回のワイン、「ヴォーヌ・ロマネ、ジャン・グロ」1988年です。
f0182173_20154243.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方の「ヴォーヌ・ロマネ」村で
造られたピノ・ノワールという品種のブドウのワインです。

造り手は、ヴォーヌ・ロマネ村のグロ一族の長、「ジャン・グロ」さんです。
現在は4つの造り手に分かれている「グロ家」ですが、元々はお爺さんの
「ルイ・グロ」さんの後、「ジャン・グロ」さんを含む4人の兄弟に寄って畑が
分けられました。そして、長年ヴォーヌ・ロマネ村で最高のワインを造って
きましたが、1995年に「ジャン・グロ」さんは引退。その後は息子である
「ミッシェル・グロ」さんに引き継がれています。なので、この「ジャン・グロ」
さんのワインは、もう今後造られる事の無い、貴重なワインなのです!!

ワイン造りは、収穫は全て手摘みで行い、選果台で選別されるようです。
除梗して温度管理しながら(常温?)発酵させ、発酵の前半は一日二回
ルモンタージュ、後半はピジャージュを行います。樽熟成は各キュヴェに
より異なるようですが、新樽比率はこの村名ワインで30~40%、特級は
100%となるようです!!
「ジャン・グロ」さんは、グロ家の象徴である「クロ・デ・レア」を相続していて
現在もモノポール(単独所有)で守り続けられている伝統の銘醸畑です。


そんな貴重なワインを、今回僕たちはテイスティングしちゃいました~!!
謎の提供者さん、いつもありがとうございますぅ~・・・。オ~プンです!!
f0182173_20155130.jpg
このワイン、僕たちは久しぶりの古酒で、開けてスグには漢方薬のような
カビ臭い感じの香りでしたが、少し経つと、表現出来ないような魅惑的な
香りがグラスに広がって来ましたぁ~!! コーヒーのようなロースト香、
仄かに「あんこ」のような官能的な甘さ、最上級の濃いウーロン茶のような
複雑さ、などなど、上手く表現出来ませんが、危うい所で非常にバランス
良くまとまっています!! メチャ美味しかったです!!!・・・。 時間が
経って行くにつれて、さらにバランスが良くなっていくような感じでした。


たまには、こんな高級ワインも、本当にイイもんですね~。 感動のワイン
でした・・・。 「謎の提供者」さん、ありがとうございました~。  
これでゴールデンウィーク後半も頑張りますぅ・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-05-02 03:14 | お店のご案内

<< 本の虫 お花の季節がやってきました〜 >>