立山バックカントリースキー!①

今週の「カフェ・スプリングバンクの定休日である、木曜日の
天気予報は「曇り」でしたが、珍しく北部の方に「晴れ」マークが
付いていたので、いつもの「乗鞍BC」を予定変更して目的地を
春の「立山・室堂」へとロック・オン! 久々に「立山BC」です~!
f0182173_21243776.jpg
この久しぶりの遠征アウェイのバックカントリースキーツアーに
付き合ってくれたのは、やはり乗鞍ローカルのAK 君です!!

朝4時半に乗鞍高原を出発して、安房トンネルを越えて岐阜県
側を抜けて「立山」へ。そして立山駅から朝イチのケーブルカー
に乗って、最高のコンディションへの期待とあの日残されたまま
になっていたリベンジを胸に、室堂へと上がります!

f0182173_21274372.jpg
バスで立山駅から室堂へ上がるバスの中からは「雪の回廊」が
見えてきます・・・。立山の「雪の壁」は超有名ですが、僕たちは
いつも乗鞍の「雪の壁」を見ているので、あまり感動しませんね・・・。
高さも同じぐらいで、たぶん12m程でした・・・。

f0182173_21245386.jpg
そして「室堂」に到着です!! ここからバックカントリースキーが
始まりますっ! 室堂ではまだ一面雪の真っ白な平原が広がって
いました~!! そして、どうですか、この最高の晴れの天気!!
まるで地平線まで雪の平原!というカンジに見えませんかぁ~?!
この最高のコンディションで、僕たちのテンションはMAX に~!! 

f0182173_21251152.jpg
快晴の天気の中、ウキウキ気分で「一の越」へと上がって行きます!
今回は、あの日のリベンジを果たすべく立山の主峰「雄山」からの滑走
を目指して登って行ったのでした!!・・・。

f0182173_21252770.jpg
「一の越」からは、岩が出て来ている登山道を登って行きます・・・。
スキーブーツで岩登山道を歩くのは、本当に歩きにくいですね・・・。
ここでかなり苦しんでしまいました・・・。

f0182173_21255236.jpg
そして、稜線へ出る最後の雪の斜面の急登をツボ足でこなして登ります。
雪が凍って硬い場所もあって、ちょっと怖かったのですが、何とか無事に
あの日のリベンジである、僕たちの「ポイント"S"」を越えれました!!
自分の不甲斐なかった想い出をやっと払拭出来た気がしました・・・。

f0182173_21261013.jpg
そして、出発してから2時間ちょっとで、「雄山」の三角点がある稜線に
到着しました~! どうですか、この快晴は!! 本当に最高です!!
遠くには「槍ヶ岳」もシッカリと見えていました~!!!

f0182173_21262311.jpg
この登攀中、こんな感じの素晴し過ぎる程の「彩雲」が見えていました!!
この最高の快晴に、この「彩雲」!! まるで何かに祝福されているかの
ようでした!!

f0182173_21263973.jpg
その後、雄山の神社へお参りに行きました。ここが本当の雄山の山頂に
なっているのです。雄山の山頂は3003mです・・・。 AK 君のバックには
剱岳も堂々を見えていました~!! 感動的でした!

f0182173_2126591.jpg
そして、やっとこの「雄山」山頂から僕たちのメインイベントであるスキー滑降
が始まります~!! 今回は剱岳をバックに山崎カールを滑ろうと思います!

が、しかし!、、紙面の都合上、「立山BCスキー滑走編」は明日のブログに
続きます~。  こうご期待っ!!・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-06-01 03:23 | アウトドア

<< 立山バックカントリースキー!② ワイン 191 >>