ワイン 196

今日は、季節外れの台風の影響で雨が降っている乗鞍高原ですが、
梅雨入りしたのに、今年の梅雨は「カラ梅雨」か?と思ってしまう程
雨の少なかった乗鞍高原です・・・。 天気予報で「雨」マークが出て
いても、晴れて山頂まで綺麗に見えている日が多かったですね・・・。
そんな中の、「安旨ワイン探検隊」の、新たなミッションです!・・・・。

今回のワイン「アルト・デル・デュラトン」2009年です。
f0182173_14412727.jpg
このワインは、スペインは、キリスト教の聖地巡礼の道がある有名な
「カスティーリャ・イ・レオン」の地で造られているワインです!!

造り手は、「リベラ・デル・デュラトン」です。 このグループは、あの!
ボルドーの最高級ワインである「シャトー・ペトリュス」で、長きに渡り
「J・P・ムエックスグループ」の、最高責任者として醸造担当してきた、
「ジャン・クロード・ベルエ」さんが、醸造コンサルタントしているのです!
スペイン固有のブドウ品種である「テンプラニーリョ」をメインに使って
フランス系の「シラー」、「カベルネ・ソーヴィニョン」などをブレンドして
いるようです。バリック内の発酵に、フレンチオークで約8ヶ月の熟成
がなされています・・・。

そして、このワインがなぜ世界から注目されているのか?!と言うと、
現在、世界一予約が取れない三ツ星レストラン「エル・ブジ」に、この
ワイン「アルト・デル・デュラトン」がオンリストされているのですっ!!
「エル・ブジ」の創始者である「フェラン・アドリア」が自ら買い付けている
という噂(噂ですよ噂)らしいです・・・。「エル・ブジ」と言うだけで、僕たち
「安旨ワイン探検隊」は、恥ずかしながら、動いてしまったのです・・・。

というワケで「エル・ブジ」オンリストのワイン、いざっ、オ~プンですぅ!
f0182173_14413514.jpg
このワイン、開けてスグから強い香りがグラスい~っぱいに広がります!
とても濃い系の香りで、甘い花のような感じやブラックチェリーのような
果実感、ドライでスパイシーな感じもあります。オーク樽のニュアンスは
あまり感じられませんね・・・。味わいもとてもシャープな感じでタンニンが
来て、酸味と重なっていきます。パワフルな感じですね・・・。あまり時間
が経っても、香りや味わいは変化せずそのまま最後まで同じでした・・・。

しかし!!、これで1700円程です!! コストパフォーマンスに優れた
「エル・ブジ」オンリストワインでした~。 「エル・ブジ」という言葉に、心を
動かされる人種には、かなりお薦めですっ!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-06-19 03:40 | お店のご案内

<< LOOK 566 のレポート・... しじみちゃんが来た! >>