奥穂高岳~上高地、敗走の下山・・・。

2日目の朝起きて見ると・・・、前日挫いた足首が無くなるぐらいに
パンパンに腫れあがっていました!!!・・・。目を覆いたくなる
光景で、まさか自分が「ヘリを呼ばないと帰れないかも?!」と
いう窮地になるとは思いませんでした!・・・・。

f0182173_16562826.jpg
この日も快晴になり、シッカリとご来光も見ることができました!
が、僕の心はぜ~んぜん喜べません・・・。このジャンダルムの呪い
か?!と思うような足で、どうすれば歩いて帰れるのか?という
不安ばかりが、浮かれた頭の中をグルグルと渦巻いていました・・・。

しかし、またこの日の「ご来光」は、メッチャ美しかったんです!
切なくなるほどでした!!・・・・。

まあでも、いろんな事を考えても、結局歩いて帰らなければいけない
ので、覚悟を決めて、前日よりもシッカリとテーピングをグルグルに
巻いて、鎮痛剤を飲んで、決死の脱出行へ出発しました・・・。
f0182173_16564190.jpg
一歩一歩・・・、挫いた左足が曲がらないようにして、そぉ~~とそっと
「置く」ようにして登って行きます・・・。なので、時間のかかる事!・・・。
それに自分でイライラしてしまう程でした!・・・。 が、しかし!、、、
何とか歩けるので、時間がかかっても、このまま行くしかないと心に決めて、
ノロノロと進んで行きました。

昨日雲に覆われて見えなかった、奥穂高岳からの槍ヶ岳も綺麗に見えました!

f0182173_1657476.jpg
そして、これも昨日雲で見えなかった我が「乗鞍岳」も、素晴しく綺麗に
見えました~!!(真ん中ちょい右)

f0182173_16571545.jpg
そして、そして!、何と!、「富士山」まで見ることが出来ました!!
(書かなくても、日本人なら「富士山」は分かりますよね~?・・・)

f0182173_16572663.jpg
コチラは、4月に滑った明神岳1峰~2峰と、スキー滑走したラインが、
シッカリを見えました。(真ん中の2つの峰の間の沢)こんなトコを
スキーで滑ったのかぁ~!!と、改めて感動していました!・・・。
明神岳スキー滑走の記事はコチラから見て下さい→「明神岳スキー!」

f0182173_16573574.jpg
逃避行は「吊尾根」~「重太郎新道」と、激坂が延々と続きます!・・・。
しかし「僕が足を挫いただけでヘリは呼べないだろう!」というプライド
だけが僕を動かしていました・・・。途方も無く長い時間に思えました・・・。

f0182173_16574769.jpg
そして、ついに!上高地到着!!、何とか脱出することが出来ました・・・。
穂高岳山荘を6時過ぎに出発して、上高地に2:30頃到着でした・・・。

いろいろアクシデントがあった今回の登山。それでも何とか無事に(?)
自分で帰ってくる事ができました!・・・。そして、改めて山の怖さを
考えさせられる山行でした。 (ちょっと反省でした)

これからの8月は乗鞍高原もシーズンになります~!! みなさまの
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店、心からお待ちしています!
また9月になれば山に遊びにも行けるようになると思いますので、また
そちらでも、宜しくお願いします~~。

「終わり・・・」
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-07-30 03:53 | 山の風景

<< ワイン 204 夕焼け!!@穂高岳山荘。 >>