ワイン 208

お盆のシーズンの影響が残っていて「ペンション・カムス」は
まだ結構忙しそうで、「安旨ワイン探検隊」は出動出来ません・・・。
でも先日ワイン好きのスキーヤーH 夫妻にご来店して頂き、一緒に
ワインを飲んで頂いたので、そのワインを書きたいと思います~~。

今回のワイン「ブルゴーニュ、ドメーヌ・ド・ラトゥール」1995年です。
f0182173_10371062.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方の南側にある「コート・
シャロネーズ」地方のワインです。ですが、AOC の産地限定呼称は
「ブルゴーニュ」となっています。

造り手は「ドメーヌ・ド・ラトゥール」です。 このドメーヌでは、
すでに隠居しているドメーヌの先代「ダニエル・ジョブロ」さんの、
「ワインは熟成させてから飲むもの!」というこだわりの哲学のもと、
長年、熟成させたワインだけを生産→出荷しているのです!・・・。
ただ、普通にワインを造るだけでは決して長命ワインは出来ないため、
「ダニエル・ジョブロ」さんは、まずブドウのポテンシャルを高める
ために、コート・シャロネーズ地区でもいち早く「リュット・レゾネ」
(減農薬農法)を導入し、ドメーヌ周辺の3.5haの畑で平均樹齢45年
にもなるピノ・ノワールを栽培し、手摘みで収穫しています。さらに、
新樽で10ヶ月間熟成。瓶詰前の濾過処理もごく軽めにするなど、初め
から意図的に長期熟成型のワインを造っていたのです!!


なので、「ドメーヌ・ド・ラトゥール」のワインは、ほぼ全てが長期
熟成されてから出荷されるので、この「ブルゴーニュ」クラスでさえも
10年とかが経っているモノなのです。 この1995年は、すでにもう
17年も経っているワインなのですが、果たして味わいはどうなのか?!
これを、ワイン好きのH 夫妻と共に試してみました。オ~プンですぅ!
f0182173_10371730.jpg
開けてスグは皮製品のような香りや鉄サビのような酸味がありましたが、
少しの時間でどんどん味わいが変わっていきますっ!! 5分程経つと、
空気に触れて果実感が現れてきて、桃の皮やイチジクのような甘い感じ
が出てきました。そして15分が過ぎると酸味が無くなり、とても滑らか
になって来て、さらに30分以上経つとフレッシュな感じも出てきました!
1時間程が経つと、とても美味しいワインへと変化して行き、この1本
のワインで5本ぐらいのワインの味わいを体験したような感じになって
とても面白かったです~!! H 夫妻にも「美味しい!」と言って頂け
ました。(よかった、よかった・・・)

この「ドメーヌ・ド・ラトゥール」の「ブルゴーニュ」は¥1800-程。
古酒の感じを味わいたい方には、特にオススメの安旨ワインでした!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-08-23 02:36 | お店のご案内

<< マウンテンサイクリング in ... 燃えるような夕焼け!!!@乗鞍高原 >>