本の虫

この「カフェ・スプリングバンク」のブログ読者のみなさまは、
この秋の3連休をどうお過ごしでしょうか??・・・。当の僕は、
やはり仕事でお店から動けません!(当たり前)・・・。なので、
今週に買ってきた、いろんな本や雑誌を読み漁っていますので、
連休の最中は、本の虫である僕の読んだ本の事を書きます。


一冊目は「FALL LINE、2013」です!!
f0182173_11301910.jpg
この「FALL LINE」は1年でこの時期に1冊だけ発行されるムックで
僕が1年で一番楽しみにしているパウダー&バックカントリースキー
の雑誌です。とにかく写真が綺麗でカッコ良くて、記事も核心を
捉えた内容で、僕はこれを読んでいると、自分の限界まで雪の斜面
へと挑戦したくなる衝動に駆られて、心も体も震えます!!・・・。
そして、人生の中でもう一度!アラスカなどの広大でスティープで
急尖な斜面を滑りに行きたいと思ってしまいます!!!・・・・。
そう、この雑誌はコアなスキーヤーにとっては、麻薬のような雑誌
なのです・・・。

二冊目は「岳、17~18巻」です。
f0182173_11302825.jpg
もうみなさん読んでしまったと思いますが、この夏、マンガ「岳」が
一気にフィナーレとなって終わってしまいました!!・・・。 最後の
終わり方には賛否両論ありますが、僕は三歩らしいと思いました・・・。
山に登る人なら誰でも読んでるマンガ「岳」の最終巻でした・・・。

三冊目は「山と渓谷、9月号」です。
f0182173_11303857.jpg
この三歩の表紙に惹かれて買ったワケではないのですが、と~っても
綺麗な表紙ですね。この「山と渓谷、9月号」には、特集で「乗鞍岳
が載っているのです! ルートは岐阜県側の「千町尾根コース」ですが
ハイマツの海から剣ヶ峰の岩稜という、とても綺麗で魅力ある記事に
なっています。 もしまだ読んでいないという方がいらっしゃるなら、
「カフェ・スプリングバンク」にありますので、ぜひ見て下さい。

四冊目は「日本の高山植物」です。
f0182173_11304486.jpg
この、とてもコアな高山植物の辞典のような本は、先日某ガイドの方に
頂いた、貴重な本なのです。高山植物を追う上では無くてはならない本
らしいです。 YK さん、どうもありがとうございました~。

そして最後は「ルパン、最後の恋」です。
f0182173_11305136.jpg
これは今週発売された新刊で、故「モーリス・ルブラン」の書く小説、
「アルセーヌ・ルパン」シリーズの最後の作品です。「ルパン」というと
日本中誰もが知っている大泥棒の名前ですが、作者「モーリス・ルブラン」
は余り知られていませんね・・・。

今年は「モーリス・ルブラン」が1941年に亡くなって70年目だそうですが、
孫であるフランソワさんがアパートを売却する時に、祖父の遺品を整理して
いた時に、この「ルパン、最後の恋」の未発表の原稿が見つかって、今年の
5月にフランスで出版されたらしいです!! 未完の原稿書だったために、
生前には出版されずに70年もの長い間眠っていたのです!!・・・。未完の
原稿のため、今までの作品に比べてちょっと推敲不足な感は否めないの
ですが、僕のようなミステリファンにとっては、愛とロマンと冒険に富んだ、
故モーリス・ルブランからのかけがえのない贈り物に感じられます!・・・。
この遺作が70年を経て解禁される事自体が、ミステリとロマンですね!!



いかがでしたでしょうか??・・・・。今週は本の世界とスキー雑誌の世界に
生きる僕にとっては、珠玉のような本がいくつも出版された、夢のような
週でした・・・。 これらの本は「カフェ・スプリングバンク」にご来店して
「ブログで見たので読みたい」と言って頂ければ、通常は閲覧禁止なので
すが、特別に見て頂けます。 本やスキー大好きな、みなさんのご来店を
お待ちしています~~。 よろしくお願いします。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-16 02:29 | 趣味の部屋

<< ワイン 212 ダイモンジソウ >>