ワイン 212

先日の「安旨ワイン探検隊」の美女Ay 嬢が来た時に一緒に飲んだ
もう1本の、とっておきの安旨ワインをご紹介したいと思います。

今回のワイン、「グレ」2007年です!!
f0182173_22581979.jpg
このワインは、フランスはボルドー地域の北限にある、海に近い
メドック北部の2つと、「シャトー・ソシアンド・マレ」の近くの畑で
造られています。 収穫されたブドウは地域の特別許可を受けて、
「ドメーヌ・レイビエ」にて醸造されます。

造り手は、ボルドー格付け第2級の「シャトー・コス・デストゥルネル
の総支配人である「ジャン・ギョーム・プラッツ」さんが、南アフリカの
若手醸造家とタッグを組んで造っているのです。古典的なボルドーの
スタイルではなく国際市場での競合を目指して2003年に初リリース。
その後は、数々の賞や専門家からの高評価を受けているのです!!
渾身のワイン「グレ」は、カベルネ・ソ-ヴィニョン=80%、メルロー=
20%のブレンドで造られ、醸造はステンレスタンクで低温発酵を行い、
フレンチオークの新樽比率50%で14ヶ月間の熟成を施されます。

「グレ」とは、ボルドーのメドック地域北部にある港町の名前なのです。
ラベルにはジロンド河岸にある杭が描かれています。ラベルのデザインを
手掛けたのはエルメスの香水パッケージデザイナーらしいです・・・。


常にボルドーのワイン界を牽引するスーパーセカンドと言われている
「シャトー・コス・デストゥルネル」が造る新しいワイン「グレ」!
その噂のワインの味わいはいかに?!、いざっ、オープンです!・・・。
f0182173_22582799.jpg
このワインも、開けてスグから素晴しくエレガントで芳醇な香りが!、
辺りにまで広がって来ます!!コーヒーのような円熟のロースト香と
まろやかなオークのニュアンス!、完熟カシスのような果実感!!。
どこを切り取っても素晴しいです。味わいは意外とシャープで、少し
酸味と渋みがあるので、この辺りはまだ若い感があるのかな~とか、
思ってしまいました・・・。 時間が経ってもそのままのワインでした。

し、しかし!この「グレ」は、3千円台で見つかるのですっ!!!
この価格でこれだけの味わいのボルドーワインは、僕たちは他には
体験した事がありませんっ!!というぐらいに美味しかったです!
「安旨ワイン探検隊」は、超超オススメのワインですっ!!!
ぜひ一度飲んでみて下さい~~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へのご来店、お待ちしています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-09-17 01:57 | お店のご案内

<< グラファイト・デザインの訪問 本の虫 >>