ワイン 218

今回は、「安旨ワイン探検隊」がもう一度初心に帰って飲もう!と
いう事で、誰もが認める「最強の安旨ワインの王者」を飲みました~。

今回のワイン
「コノスル、カベルネ・ソーヴィニョン、20バレルリミテッド」2008年です。
f0182173_19361198.jpg
このワインは、言わずと知れた元祖安旨ワインの国、チリのワインです。

造り手は「コノスル」です!! 「コノスル」は、チリワイン大手である
「コンチャイ・トロ」社の輸出用だけのワインメーカーとして、1993年に
スタート、それ以来目の覚めるような素晴しいコストパフォーマンスの
ワインを造り続けています! 「コノスル」とは、このワイナリーがある
南側の円錐型の丘という意味らしいです。 「コノスル」のワイナリーは
ラペル地区にあるチェンバロンゴの100年以上続く単一畑。雨も少なく
最高の状態でブドウが栽培されているようです。そして最新技術を用いて
レゼルブ、オーガニック、そしてこの20バレルリミテッドシリーズなどの
ワインが造られています。

そして、「コノスル」は「カーボン・オフセット」も取り組んでいます!
「カーボン・オフセット」とは、ワインの生産から運搬、施設の運営から
輸出に関わる際に発生する「CO2」の排出量を測定し、植林や自然
エネルギーの導入などによって実質的に相殺(オフセット)してゼロに
近づける取り組みのことなのです! (=カーボン・オフセット事業)
「コノスル」社は、イギリスの「カーボン・ニュートラル」社を通じて、
カーボンオフセット事業のために資金を提供し、CO2削減活動に取り
組んでいるのです・・・。


この、ワイン好きなら誰もが認める最強の安旨ワイン王の「コノスル」。
その最上級シリーズの「20バレルリミテッド」でも、約1800円!!!
この驚きの価格の安旨ワイン王のカベルネ・ソーヴィニョンを、僕たち
「安旨ワイン探検隊」は、未だに体験していませんでした!!これは
イケない!という事で、改めて初心に帰るという事で、このワインを
飲んでみました~~。 いざっ、オ~プンデス~~・・・。
f0182173_19361912.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しい香りがグラスに広がって行きます!
濃いめの香りでカシスやスミレの花(?)、オーク樽のニュアンスもあり
ウットリします。味わいも濃い目でタンニンも酸味もシッカリしていて
美味しいです~。 最後まで同じ感じの味わいが変わらないワインでした。

この「20バレルリミテッド」は、「コノスル」のデイリーワインとは違い、
シッカリとした香りと味わいの、フランスの高級ワインと比べても引けを
取らない程の、美味しいワインでした! さすがは「最強の安旨ワイン王」
だと、改めて感じさせられました!!・・・。

「カフェ・スプリングバンク」でこんなワインを飲みませんか~?!
ご来店お待ちしています~~!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-10-18 02:35 | お店のご案内

<< 一ノ瀬園地の紅葉が進んでいま〜す♪ LOOK 566 のレポート。 >>