ヒマラヤトレッキング ⑥ 【登頂編!】

今回の「ヒマラヤトレッキング」は、ついに「カラパタール」への
【登頂編】を書きたいと思います~!!!

f0182173_13562933.jpg
登頂の日は、少しスプリングバンクN に高山病の感じが出て来ていて
調子が悪かったのだが、今日登頂してしまえば後は下るだけなので、
ガイドのマンさんに全てを任せて、ロブチェ村のロッジをスタートした・・・。

歩く事2時間半程、ようやく今回のヒマラヤトレッキング最終目的である
「カラパタール」という山が見えてきました~!! 真ん中にある茶色の
小高い山が「カラパタール」で、下に見える集落が「ゴラクシェプ」です。
バックの白い山は「プモリ」(7155m)です!! 大体の人は、右下の
「ゴラクシェプ」集落に1泊して登頂したりエヴェレストのベースキャンプ
までトレッキングしたりするのです・・・。

f0182173_13563769.jpg
一旦「ゴラクシェプ」でお昼ご飯&休憩を取り、昼も天気が良かったので
「カラパタール」へ一気にアタックをかけました~!! 「ゴラクシェプ」
の一番下にある渇いた湖からスタートです!!

バックには「ヌプツェ」が恐ろしく尖っています!! 「エヴェレスト」は
この「ヌプツェ」の後ろに隠れているのです!!・・・・。 

f0182173_13564574.jpg
しばらく登って行くと・・・、その「ヌプツェ」の後ろから「エヴェレスト」が
姿を見せてきました!! まだ頭だけですが、この至近距離でやっと見る事が
できました~!! このアタックの日も天気は最高の快晴で、本当に良かった
ですぅ~!!

f0182173_13565346.jpg
そして「ゴラクシェプ」から登る事約2時間程・・・、ついに!、夢に見た!!、
「カラパタール」の山頂が、手に届くぐらいになってきましたぁ~!!・・・・。
最後は少し岩山になっているのが分かります。 エヴェレストを見に行こう!
と決めてからここまで数年、準備にもう数年・・・、そして日本を出発してから
トレッキングで8日間歩き続けて、やっとこの夢であった場所まで来ました!!
その想いが、そしてこれまでの全てが、この登頂の瞬間に涙となって溢れて
来たのでした・・・。

f0182173_1357810.jpg
そして、ついに、「カラパタール」(5545m)に登頂しました~!!!
ポーターのビルマン君と一緒に一番高い所まで上がって行きました・・・。
「カラパタール」の山頂にも、仏教の「タルチョ」というお祈りの5色の旗と
たくさんのケルンがありました。

f0182173_13571955.jpg
とりあえず、「プモリ」をバックに記念撮影~。
山頂にはたくさんの人だったのと、崩れやすい岩質のナイフリッジに狭い
所だったので、なかなか良い写真が撮れませんでした・・・。順番待ちです。

f0182173_13572683.jpg
「カラパタール」から見た「エヴェレスト」山域の全景です!!
真ん中奥の黒い山が「エヴェレスト」、右側の尖ったのが「ヌプツェ」です。
一番左下の「くの字」に流れているのが、エヴェレストベースキャンプのある
「クーンブ氷河」の落ち込みです! 素晴しい天気で最高のパノラマでした!

f0182173_13573325.jpg
今回のヒマラヤトレッキングでの「チーム・スプリングバンク」です~!!

左から、赤いのが僕。 オレンジのノースのジャケットが、最強のポーター
であるビルマン君!! 水色のダウンがスプリングバンクN 、そして右側の
全身黒が、最高のガイドさんだった「マン・バァダー」さんです!!!
本当にみなさん最高に良い人達で、色んな事を助けて頂きました! 本当に
ありがとうございました~!! 楽しくて最高のチームでした。

f0182173_1357409.jpg
「ラストショット」は「エヴェレスト」のドアップです・・・。

夢が叶った瞬間に、夢は僕達の手をすり抜けて過去へと遠ざかっていく・・・。
そして僕たち人間は、未来へしか進む事が出来ないので、また新たな夢を
追い続けるしかないのだ。 「夢」に「にんべん」で「儚い」とは、良く言った
ものである・・・。 夢とは儚いものなのだ・・・。


「ヒマラヤトレッキング」は、登頂してもまだまだ続きます。
番外編や、お寺編などなど、もう少しお付き合い下さい~。
【つづく!!】
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-12-16 02:56 | 趣味の部屋

<< 年末のミーティング・・・・。 「Mt.乗鞍スキー場」オープン式典。 >>