乗鞍バックカントリースキー!!

まるで神に約束されたかのような日がある。
全ての条件が揃った時にだけ、辿り着ける場所がある。
そんな雪山の世界に挑戦するために集まった輩がいる!!

今回もまた、そんな乗鞍バックカントリースキーなのであった。
f0182173_19313874.jpg
予定通り朝7:00に起きて、コンディションを見に外へ出て見ると、
朝焼けでピンク~オレンジ色に輝く乗鞍岳が見えていた~!!
山に呼ばれているような気さえしてしまう、素晴しい景色に、
思わず、口元が緩んでニヤけてしまう・・・。急いで用意をして
朝イチのリフトに乗り込み、ゲレンデトップへと上がって行った。

f0182173_19315259.jpg
「Mt.乗鞍スキー場」のかもしかゲレンデトップから、いつものように
情熱を燃やしながらツアーコースを登って行く! 今回のメンバーは
乗鞍ローカルのAK 君と、スノーボーダーのA1 君だ! ツアーコース
の雪もサラサラのパウダーで期待がどんどん高まっていったのだった。

f0182173_1931598.jpg
ツアーコースを抜けて、「屋根板」と呼ばれる森林限界の上に出ると、
やはり強風が僕たちに立ちはだかってきた! しかし、そんな事では
僕たちの進撃は止まらない!! バックにはいつも約束されたような
穂高連峰が見えていた! ここに来た人だけが見る事が出来る極上の
景色なのであった・・・。

f0182173_1932769.jpg
そして、稜線からのスキー滑降をモノにするために、最後の急登を
一歩一歩確実に登って行く。今回は風がとても強くて、いつもより
一段と凍っていたのだった!!・・・。



f0182173_9123975.jpg
そして、今回も何とかいつものドロップ・ポイントに到着。かくして
僕たちの汗と情熱はライディングへと報われたのであった!!!
3、2、1、ドロップイン~~~。

f0182173_19322881.jpg
まず最初は、スノーボーダーのA1 君のライディングからスタート!
富士見岳の山頂から広大な沢へと、躊躇無しに滑り込んで行った~!
一瞬で豆粒になる程のスピードあるライディングを決めてくれた~。

f0182173_19324679.jpg
そして、僕より先に行ってしまったので、アルパインエリアでは
撮影出来なかったAK 君のライディングである!! 位ヶ原山荘の
付近では、上部エリアよりも雪がフワフワで、程良いパウダーが
舞いあがって行ったのであった~!!

f0182173_9115059.jpg
最後に僕のライディング画像です。ウィンドパックで締まった雪の
広大なバーンでちょっと怖かったですが、安全第一で思いっきり(?)
滑っていきました~。

f0182173_19325344.jpg
アドレナリン全開の素晴しいライディングの後は、位ヶ原山荘にて
至福のコーヒーを頂きに行ったのであった・・・。 この「静と動」の
の対照的な時間が、アクティヴな人間のシアワセには大切なのだと
思うのである・・・。

f0182173_1933024.jpg
かくして、今回も、純粋な僕たちの目的は達成された!・・・。
パウダージャンキーな僕たちの底抜けな欲望は満たされた!
神サマの思し召しは、残らず頂いてしまったのであった・・・。

(文章に誇張はありますが、ご了承ください・・・・。)


(そして、良い雪がたくさん降っている今シーズンも、これから
 スタートします~。みなさん、よろしくお願いします~~。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-12-28 02:31 | 山の風景

<< ヒマラヤトレッキング ⑨ 【ト... 「テレマークスキー試乗会@Mt... >>