ヒマラヤトレッキング ⑨ 【トレッキング編②】

ヒマラヤトレッキングは今年中に【番外編】を書いて終わりに
しようと思っていたのですが、あまりに載せたい写真が多くて
厳選しきれなかったので、ここにもう一回【トレッキング編②】
として、いろいろ書いてみたいと思います~。

f0182173_13515510.jpg
ヒマラヤトレッキングで欠かせないのが、この「ヤク」や「ゾッキョ」
という牛の仲間たちです。たくさんの荷物を背負って運んでくれる
山のポーター、「宅配便」なのです。トレッキング道を歩いて行くと
たくさんの「ヤク」が集団で歩いて来ます。ツノがあるので、余り
近づくとちょっと怖かったです・・・。

f0182173_13525932.jpg
コチラは、登山許可証の「TIMS」のチェックポイントです・・・。
ヒマラヤのトレッキングをするには、この登山許可証を取って
行くのですが、歩いて行くとこのようなチェックポイントがあり
それぞれのポイントでチェックして行くのです。ルートの途中で
もしチェックが無かったら捜索するというシステムになっている
ようですね・・・。

f0182173_1351267.jpg
言わずと知れた「マニ車」です。この「お経」が書かれた円筒形の
「マニ車」を時計回りに回すと、一回まわすごとにお経を千回も!
唱えた事になるらしいです!!・・・。そんなに都合良く行くのかと
思いましたが、一応たくさん回しながら歩いて来ました・・・。

f0182173_13535720.jpg
こちらも「マニ石」です。大きな石にお経が書かれています・・・。
この「マニ石」も時計回りの左から回って歩いて行くのです。もし
右側から歩いてしまうと、お経の効果がなくなるらしいです!・・・。
(バックは、「岳」で三歩が登った「ローツェ南壁」です!!)

f0182173_13545314.jpg
ヒマラヤトレッキングの途中で出会った、野生の「カモシカ」さんです!
帰って来て調べると、日本語では「たてがみカモシカ」らしいです。
ガイドさん曰く珍しいらしく、なかなか見れないようですね!!・・・。
ジブリの映画に出てきそうで、とてもカッコ良かったですね。

f0182173_1355747.jpg
こちらも野生の鳥で、ネパールの国鳥である「ダフェ」という孔雀です。
七色の羽根を持っていて、飛ぶととても綺麗なのですが、飛んでいる所は
写真に撮る事は出来ませんでした・・・。

f0182173_13552146.jpg
コレは、石垣にくっ付けて乾燥させている「ヤクの糞」なのです!!
「ヤクの糞」はこうやってカチカチに乾燥させて、ストーブで燃やす
燃料にするのです。イメージに反して、とても良く燃えてました・・・。

f0182173_13553667.jpg
この2枚の画像は、クムジュン村で見れた「夕焼け」です。メチャメチャ
キレイでした~!!!全体の空の色あいが標高が高いせいか日本とは違い、
アズキ色~赤紫っぽくて、まさにトワイライトでした!! 右側の山が
「タムセルク」、左の尖ったのが「アマダブラム」です。
f0182173_13554750.jpg
「アマダブラム」の夕焼けのアップです。今回のヒマラヤトレッキングで
この山「アマダブラム」が、僕の一番のお気に入りでした~。カッコイイ。
(ちなみに、この夕焼けの素晴しい色合いは、何も加工とかしていません。
 ナチュラルカラーでこの色合いです!! 本当にスゴイ夕焼けでした。)

f0182173_1356589.jpg
この画像が、僕が選ぶ今回の「ベストショット」画像です~!!! 
後ろの「カンテガ」という山に挑みそうな、スプリングバンクNです・・・。
ちょっと逆光でシルエットになってて、とてもカッコイイ感じです。

f0182173_13562568.jpg
ケルンもたくさんあったので、あるたびに石を積み上げてきました。
コチラは「ペリチェ・パス」という所で、バックの山は上記の画像と同じ
「カンテガ」です・・・。


いかがでしたでしょうか?・・・。【番外編】のような【トレッキング編】
でしたが、次回は最後になる【番外編】だと思います・・・。今年中には
ヒマラヤトレッキングのお話は終わりにしようと思っていたのですが、
来年に持ち越してしまいました・・・。また来年も僕たちスプリングバンク
は、いろんな山へと挑戦して行きたいと思いますので、ブログ読者の
みなさん、よろしくお願いします~。 
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店もお待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2012-12-29 02:48 | 趣味の部屋

<< モルトウイスキーご紹介~!! 乗鞍バックカントリースキー!! >>