ワイン 231

季節の節目である「節分」に、酔っぱらって赤鬼のように
なってしまおう!という事で、また珍しいワイン飲んでました・・・。

今回のワイン「シノン、クロ・ディゾレ」1999年です!!
f0182173_10262236.jpg
このワインは、フランスはロワール河流域の「シノン」という地域で
造られる赤ワインです、ロワールと言えば白ワインが有名なのですが、
このワインは、「カベルネ・フラン」というブドウから造られる赤ワイン
です。

造り手は「ドメーヌ、ジャン・モーリス・ラフォー」です。この造り手は
ロワール流域の「シノン」で14世代も続く歴史ある老舗の造り手です!
現当主は「ロドルフ・ラフォー」さんで、「シノンAOC」で始めて畑ごと
にテロワールの異なるようにワインの醸造を行っています!! しかも、
ブドウ栽培は自然派の「リュット・レゾネ」を実践していて、化学肥料や
除草剤は一切使用していません。そして、その「クロ・ディゾレ」の畑の
ブドウ樹は樹齢60歳以上の古木の「カベルネ・フラン」種を100%使って、
ステンレスタンクによる発酵、オーク樽12ヶ月熟成で造られる究極の
「シノン」が、このワイン「シノン、クロ・ディゾレ」なのです!!


「カベルネ・フラン」というブドウ品種100%のワインはなかなか珍しい
ので、このジャン・モーリスのワインを見た時には、思わずクリックして
購入してしまいました~。その真価はいかに?! いざ、オ~プンです!
f0182173_10262971.jpg
このワイン、開けてスグからスゴぉ~~くフルーティーな感じの香りが
グラスに広がります!! ラズベリー系の果実感がとても良く出てます!
味わいも甘さを感じる程にフルーティー。奥の方に、ドライフルーツの
ような甘さが感じられます。(でも実際に甘いワケではありません・・・。)
酸味は十分でミディアムな赤ワイン!という感じで、と~っても美味しい
ワインでした。

この甘さを感じるようなスタイルは、ジャン・モーリスの醸造方法のせい
なのか? はたまた、カベルネ・フランというブドウ品種の個性なのか?
「安旨ワイン探検隊」としては、とても面白い体験でした。
この「シノン」は2千円台後半で見つかります。オススメワインです!!




そして、本日の朝の「Mt.乗鞍スキー場」のゲレンデ情報です~!!
f0182173_10363494.jpg
昨日の夜から降った雪が10~20㎝程積もっていました~!!ですが、
気温はマイナス1℃とかなり暖かいので、重めのパウダーでした!!
でもスキー板が良く走ってとても楽しかったです~!! 昨日までの
ガリガリ~カチカチのバーンはすっかりリセットされていて、柔らかい
ゲレンデになっていました~。雨の予報でも、標高が高いMt.乗鞍だと
パウダーに当るかも知れません! パウダースキーを愉しんだあとは、
「カフェ・スプリングバンク」でコーヒーをどうぞ~。ご来店お待ち
していま~~す!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-02-04 02:25 | お店のご案内

<< Mt.乗鞍スキー場、ゲレンデ情... 厳冬期のミーティング・・・・。 >>