ワイン 237

3月11日は「東日本大震災の日」です・・・。
今回は、東北の被災地の出来るだけ早い復興を祈ろう!
という事でボスのTさんが持ち込んで来たあるワインを
飲みながら、みんなで話をしました・・・。

今回のワイン「バックハウス」2011年です。
f0182173_10531039.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州・ソノマ・ヴァレーの
ピノ・ノワール種のブドウで造られたワインです。

造り手は「チェケッティ・ワインカンパニー」です。カリフォルニアの
ナパ・ヴァレーで、ロイ・チェケッティ氏とレイチェル夫人が設立した
「チェケッティ」。この会社は、カリフォルニアワインの「聖地」である
「ナパ・ヴァレー」北部「セント・ヘレナ」にあり品質にこだわりながら
リーズナブルなワイン造りを行っています。 その「チェケッティ」が
もうひとつのワイン有名産地「ソノマ」から送り出したワインが、この
「バックハウス」なのです。醸造長には、カリフォルニアで30年以上
醸造責任者の経験を持つ「ボブ・ローマン」さんを起用! 常にコスト
パフォーマンスに優れたワイン造りを目指して来ていて、これまでに
各国のコンテストでも受賞歴多数!!アメリカの著名なワイン専門誌
「ワインエンスージアスト」でこの「バックハウス」が「ベスト・バイ」
に選らばれました!!        (醸造の詳細は不明です・・・。)


カリ・ピノの中では断トツの安旨ワイン「バックハウス」なのですが、
今回、ボスのTさんも特別参加で!満を持して「安旨ワイン探検隊」で
テイスティングです~!! いざっ、オ~~プンですぅ~!!・・・・。
f0182173_10531777.jpg
このワイン、開けてスグからとてもジューシーでフルーティーな香りが
グラスい~っぱいに広がります!! まるでブドウジュースのようです!
チェリーやラズベリーの甘さもありとても甘く感じます。とてもライトで
薄旨!!、飲みやすく美味しいので、ゴクゴクいっちゃいました~。


僕たち「安旨ワイン探検隊」は美味しいワインを飲んで浮かれていましたが、
ボスのTさんが、「バックハウスとはどういう意味なのだろうか?!・・・。」と、
言われていました・・・。もし「バックハウス=家に(が)戻る」という事なら、
出来るだけ早い被災地の復興を祈って、ボスのTさんはこのワインを選んだ
のでしょうか?彼のスゴさに改めて感心しながら、僕たちも彼と同じように
祈りました・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-03-11 02:52 | お店のご案内

<< Mt.乗鞍スキー場、ゲレンデ情... 乗鞍ダウンヒルスラローム大会が... >>