唐松沢Dルンゼ滑降BC スキー!!

これまで、いつも白馬にスキーに行った時に見えていたライン・・・。
それは、あのライン!・・・、
いつも遠くから眺めていた、八方スキー場の上部に聳える「唐松岳」
の右肩から厳しくも美しく流れるあのライン、「唐松沢Dルンゼ」だ!

ここまで僕は、白馬スキーに行った時にいつも「いつか、あの一筋の
美しくスティープで巨大なラインを滑ってやろう!」と狙っていたのだが
コンディションやパートナーとのタイミングが合わず、ここまで滑れずに
きてしまっていたのだった・・・。
f0182173_847721.jpg
僕には、まだ果たせていない憧れのライン「唐松沢Dルンゼ」だったのだ!
なので!、「カフェ・スプリングバンク」のバックカントリースキーツアー
第二弾は、満を持しての、この「白馬・唐松沢Dルンゼ」ですっ!!・・・。

f0182173_8474094.jpg
先日の「カフェ・スプリングバンク」のホリディ期間中の某日・・・、いつも
お付き合い頂いている百戦錬磨のガイドであるNJ さんから急遽連絡が
入り、「コンディションが良さそうなので、どこかの山へスティープな
斜面を攻めに行こう!!」という事になった。なので、この機会を利用
して、僕が兼ねてから狙っていた「唐松沢Dルンゼ」へ行きたい~!!と、
お願いをして、NJ さんのお客さんのKT さんも一緒に、3人で行く事に
なったのであった・・・。

この日は、良く晴れてとても暖かく、オマケに無風に近くて、まさに
バックカントリースキー日和であった!! これは、いよいよ、今日
こそは、あの「唐松沢D ルンゼ」の大滑降をキメれるのではないか?!
と、ドキドキ、ワクワクしながら八方尾根を唐松岳へと登って行った・・・。

f0182173_8475478.jpg
それでもやはり2700m近い雪山の稜線。丸山ケルンの辺りから、風が
強くなってきた!・・・。この先からは岩場もあるので、スキーを担いで
アイゼンとピッケルに装備を交換して、ガシガシと登って行った・・・。

バックには、不帰の瞼(右)や唐松岳(僕の上)、そして今日滑れるかも
知れないD ルンゼ(2人の間の大きな沢)が、とても魅力的に見えていた・・・。

f0182173_848537.jpg
稜線に出ると風がさらに強くなってきて、時折煽られそうになりそうな
時もあったが、それでも今日の大滑降を心に熱く燃やして、アイゼンを
効かせながら一歩一歩ずつ確実に登って行った。「唐松岳」山頂が、もう
スグ傍まで来ている!・・・。

f0182173_8481549.jpg
そして、ついに!!、「唐松岳」の山頂に登頂しました~!! 今日も
ヤリました!!。 八方池山荘から3時間ちょうどぐらいでした~!!

f0182173_8483028.jpg
バックには「立山連峰」、「五竜岳」、北側には「不帰の瞼」などなど、
ちょっと雲がありましたが、素晴しい景色が360°パノラマで広がって
いました~!! 

f0182173_8484477.jpg
と、登頂で喜んでばかりではいられません。僕たちにはメインイベント
である「唐松沢Dルンゼ」のスキー滑降がまだあるのです!!Dルンゼは
こんな感じです。Dルンゼのコルからドロップ・インだと45°ぐらいの
斜度ですが(豆粒のように2人がいる所)、僕はなるべく唐松岳の山頂に
近い一番上からドロップインしました!!


そして、今回も夢が現実のモノとなりました!!・・・・。

今回もガイドのNJ さんが動画で僕の滑りを撮影してくれました~!!
ドロップ・インの出だし数ターンは約60°近い斜度のために、久しぶり
に、緊張しました・・・。深呼吸をしてからドロップ・インしました・・・。

f0182173_8491466.jpg
今回一緒に行ったKT さんの滑りです~!! 不帰の瞼3峰をバックに
チカラ強い滑りです~!!

f0182173_8493093.jpg
そして、ガイドのNJ さんのテレマークターンもDルンゼに決まります!!
下部ではちょっとストップ雪でしたが、さすがはNJ さんのテレマークターン
ですね~~。モノともせず、と~~ってもカッコ良かったです!!

バック右側の不帰の瞼2峰からは、大きな爆音と共に何回も雪崩が起って
いました・・・・。

f0182173_8494339.jpg
そしてその後は、「唐松沢Dルンゼ」の2000m近い標高差を一気に滑って
行きました~。どこまでも、どこまでも、太腿の筋肉が続く限りスキーを
楽しんで滑って行きました~・・・・。


f0182173_8495358.jpg
最後は唐松沢を雪のある限りスキーで滑り、その後はスキーを担いで延々と
林道を歩いて帰って来たのであった・・・。今回も何とか無事帰ってくる事が
出来たのでした・・・。



かくして、今回もまた憧れのルートを滑る事が出来て、夢が現実のモノに
なったのであった!! 夢のラインに自分のシェプールを刻んできたので
あった!!!・・・。 そしてここまでの全ての時間と技術を一瞬のスキーに
つぎ込んで、濃縮された本物の時間を感じられたのであった!!・・・・。

「そして「カフェ・スプリングバンク」のバックカントリースキー3連発の
 最後の第三弾へと続く・・・・。」
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-04-20 01:12 | アウトドア

<< 立山バックカントリースキー!! 妙高バックカントリースキー!! >>