ワイン 249

今回は、スペインの巨星が造る話題のワインですっ!!
僕達「安旨ワイン探検隊」はその片鱗に触れる事が出来たのでしょうか?!

今回のワイン「プシーΨ」2010年です。
f0182173_11154775.jpg
このワインは、スペインの内陸部「リベラ・デル・ドゥエロ」という
地区で造られたワインです。

造り手は「ドミニオ・デ・ピングス」です!! スペインのワインには
ロバートパーカー100点満点ワインで、ベガ・シシリア「ウニコ」と共に
満点ワインに挙げられることで知られる、超レアな!「ピングス」と言う
ワインがあります。その「ピングス」の生産者「ピーター・シセック」さんが
共同プロジェクトを立ち上げ、この「リベラ・デル・ドゥエロ」地区の
地元生産者と一緒に造っているのが、「プシーΨ」なのですっ!!
地元生産者の代表の「パブロ・ルビオ」さんと「ピーターシセック」さんは
この「プシーΨ」というワインを通して、地元生産者にビオディナミ農法の
知識を与え、質の改善が認められたブドウには今までよりも高い金額を
出して買いとるなどして、この地域のワインの質を高めてきたのでした!
ファーストヴィンテージが2007年で、2010年は4回目のヴィンテージと
なるのです・・・。

テンプラニーリョというスペイン固有のブドウ品種を使い、100%手摘みで
収穫。マセラシオンは長い時間をかけてゆっくりと行い、できる限り清澄な
果汁を抽出した後、新樽は一切使用せずに大小のオーク樽とセメントタンク
を使ってじっくり17ヶ月もの熟成を行います!

「プシー(Ψ)」とは、ギリシア語アルファベットにおける23 番目の
文字で、心理学や超能力をあらわす包括的な単語/記号らしいですね・・・。


「ピーター・シセック」さんのワイン「ピングス」は7~8万円もする!
ので、ゼロが一個減らないと僕たちには無理な超高級ワインなのです!
が、今回この「プシーΨ」は3千円台!!これなら「安旨ワイン探検隊」も
何とか探索可能ですっ!! この「プシーΨ」を飲めば「ピーター・シセック」
さんの片鱗に少しでも触れることは出来るのでしょうか?!・・・・。
気合い十分で、いざっ突入!、オ~プンですぅ~~~!!
f0182173_11155460.jpg
このワイン、開けてスグはとても硬い感じで、香りもあまり立ちあがって
来ませんでしたが、30~40分ぐらい経つとやっと香りが良くなってきま
した~。濃い感じでプラムやダークチェリーのような果実感と土のような
ニュアンスが感じられます・・・。味わいは、程良い酸味とどこか儚いような
渋みがあり、エギゾチックなという感じが良く分かります・・・。が、しかし、
僕達の「ピーター・シセック」さんのワインだから!という期待感からは、
「こんなもんじゃないだろう?!・・・」という「?」ばかりが浮かんでいた
ワインでした・・・。2010年のワインだから飲むのが早過ぎたのでしょうか?
それとも期待感が大き過ぎたのでしょうか?!・・・・・。とにかく僕たちには
「?」の、疑惑のワインとなりました・・・。


「カフェ・スプリングバンク」でこんな面白いお酒を飲んで、乗鞍の夜を
楽しく過ごしませんかぁ~?! ご来店お待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-05-18 01:14 | お店のご案内

<< 果敢にアタックのクライミング~~。 今週末の19日は乗鞍・開山祭で... >>