ワイン 258

七夕の夜に、僕達「安旨ワイン探検隊」が捧げるワインは・・・、

今回のワイン「シャトー・パヴィ」1995年です!!
f0182173_10282267.jpg
このワインは、ボルドー右岸の、中世の石造りの街並みが残っている
素敵な町がある「サン・テミリオン」地区で造られているワインです。

造り手は、このサンテミリオン地区の第一級特別B に選ばれている
最高級ワイナリー「シャトー・パヴィ」です!! 前回このブログの
「ワイン214」の回で飲んだ「レ・ザルム・ド・パヴィ」のファースト
ワインである「シャトー・パヴィ」なのです!!・・・。

「シャトー・パヴィ」は、サン・テミリオン地区の第1特別級全体の中でも
最大の畑で、水捌けが良い小石の砂利質の畑なので、フランス語の
「パヴェ=砂利」から名前が付いたらしいです・・・。ボルドーワインの
歴史が始まる前からこの辺りではブドウが植えられていたようで、とても
長い歴史がある土地です。それから~戦後の1960年代以降は、あまり
経営状態が良くなく、ワインも質を落としていたのですが、1997年に
ペレス家が買収。その後は飛躍的にワインが向上し、現在「パヴィ」は
最も高品質なサン・テミリオンの第一特別級となっています!!・・・。。

1997年以来、シャンタルとジェラール・ペレスによってワインは造られ
収量の低減、小型開放式の樽発酵槽で発酵、樽内マロラクティック発酵、
澱と接触させたままでの熟成(シュール・リー)、フィルター無しでの
瓶詰めがなされています。品種は、 メルロー=55%、カベルネ・フラン
とカベルネ・ソーヴィニヨンが=20%ほど。40%程の新樽で14ケ月もの
熟成をしています!!


前回はセカンドワインだったのですが、今回K8 が激安で仕入れてきたのは
ファーストの「シャトー・パヴィ」ですっ!! 今日は七夕の夜という事で
少し良い高級ワインを飲んで見る事にしました~!! オ~プンですぅ!
f0182173_10283298.jpg
このワイン、開けてスグからもの凄く芳醇で甘い香りが力強く広がっていき
ます! グラスの中は香りのオンパレードで、甘いカシスのような果実感と
オーク樽の樹液のような甘さがあり、コーヒーのようなロースト香とが良く
合わさっていて、素晴しいです!! 味わいも甘さを感じるように思います。
とても滑らかで全くイヤな雑味はありません。後味に少し引っかかる感じが
何かは分かりませんが少しありました・・・。が、素晴しい最高のワインでした!


これはオフヴィンテージなので、K8 が見つけてきたのは5千円台ですっ!!
6~7千円ぐらいまでなら、とてもお買い得なぐらい美味しいワインだと思い
ました~。 こんなワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店
下さい~~。よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-07-07 01:53 | お店のご案内

<< Banff Mountain ... 雨なのでインドアジムでクライミ... >>