ワイン 261

ここ数日、乗鞍高原では朝晩の寒暖の差が激しい日が続いています・・・。
昼間は晴れたら27℃ぐらいまで上がりますが、夜は12℃にもなる日が
あったりして、かなり寒いのです・・・。しかし、僕達「安旨ワイン探検隊」の
挑戦は誰にも止められませんっ!! この地球上に残されたワインという
最後の秘境を飲みまくるのですっ!!・・・・。

今回のワイン「ソーター、ミネラル・スプリング・ランチ」2010年です。
f0182173_1520768.jpg
このワインは、アメリカはオレゴン州で造られるピノ・ノワール種のブドウ
のワインです・・・。

造り手は、カルトワインの請負人のひとり!、「トニー・ソーター」さんです。
トニー・ソーターさんは、1975年にスタッグス・リープ・ワイン・セラーズにて
パリ・テイスティングに勝利したあの伝説のワイン「'73年カベルネ」に携わり、
その後も、ケイン、ファー・ニエンテ、クロ・デュ・ヴァル、アロウホ、シェイファー、
スポッツウッド、ヴィアダー、ダラ・ヴァレ、ニーバム・コッポラなどなど数々の
プレミアム・ワインを造っているワイナリーにコンサルティングしている人なの
ですっ!!! これらは、すべて現在のナパヴァレーのウルトラ・プレミアム・
ワイナリーばかりです!! その後、ソーターさんは自ら立ち上げたワイナリー
「エチュード」を創り、最高の評価と注目を集めて行くのですっ!!・・・・。

しかし、2001年、ソーターさんは突如、自身のブランドである「エチュード」を
巨大ワイングループの「ベリンジャーブラス」へ売却してしまいます。 カルト
ワインにまで登り詰めた自らのワイナリーを売却した目的は、彼の夢であった
「自らの畑を持つ事」だったのでした。そして、生まれ故郷であるオレゴン州に
畑を購入し、数十年に渡る経験と実践の集大成として「ソータ・ヴィンヤーズ」を
立ち上げました。「エチュード」でもこだわりを見せたのがピノ・ノワールでしたが、
カリフォルニア・ナパを去りオレゴンに来たのは、やはりピノ・ノワールを造るため
だったのでした~。 オレゴン州・ビーコンヒルで最高のピノ・ノワールを求めて
ワインを造っていたソーターさんは、次に「ミネラル・スプリング」という畑を購入。
このワインは現在の彼の最終地で造られたピノ・ノワールの集大成です!・・・。

彼のワイン醸造は、現在のアメリカでの最新技術を使わない伝統的な醸造で、
ブドウを除梗しないで全房発酵に回し、小型のオープントップ・タンクにて発酵
すると言うブルゴーニュのような伝統的な手法で醸造。オークの新樽約60%で
14ヶ月の熟成を行います!!・・・。


この「トニー・ソーター」さんのピノ・ノワールは長い間僕の夢のひとつでした!
こんなに有名人な造り手のワインなのですが、この「ミネラル・スプリング」は、
5千円しないで見つかるのですっ!!この機会を僕達「安旨ワイン探検隊」が
逃すハズはありませんっ!!「トニー・ソーター」さんの片鱗に触れるために
満を持してのテイスティングとなりました~!! いざっ、オ~プンですぅ~。
f0182173_15193965.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しい香りがグラスい~っぱいに広がります!!
花のような香りとフレッシュなチェリーのような果実感がバランス良く合わさって
いて、素晴しく芳醇な香りです!! 味わいは、最初は酸味が強かったですが、
時間が経つにつれて徐々にこなれていき、とても美味しいワインになりました。
ブルゴーニュワインの薄旨な感じと良く似たワインでした~。

これはかなりオススメですっ!! 薄旨なピノ・ノワールがお好みの人ならば、
ブルゴーニュの高級ワインよりもこの「ソーター」は、安くて!、エギゾチックで!
と~っても美味しいワインで、「安旨ワイン探検隊」超オススメです~~。

こんなワインを「カフェ・スプリングバンク」で呑みませんか~?!
ご来店お待ちしています~。よろしくお願いします~~。


そして、明日は「鈴鹿8耐レース」当日なので、「カフェ・スプリングバンク」は、
鈴鹿サーキットに行きますので、お店は臨時休業になります~!!!
ご迷惑をお掛けしますが、ご了承ください~。スイマセンがよろしくお願いします!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-07-27 02:19 | お店のご案内

<< 鈴鹿8時間耐久ロードレース!! 【号外速報!!】、鈴鹿8耐予選!! >>