秋のお花が咲き始めています@乗鞍高原

まだ8月だと言うのに、明け方の気温は10℃を下回る日もあるようです。
高原はどんどん秋に向かって加速して行きます・・・
f0182173_1116038.jpg
「秋の空は高い!」・・・なんて言われますが、こんな風景を見ると、
本当にそうかも~と、思いますね~。この画像のように、晴れた日に
いがやのバッハルプ湖に映る乗鞍岳と空も、とても秋っぽいです。
広葉樹の緑の色も少〜しずつ、くすんだようになってきます。

f0182173_11161692.jpg
高原のお花たちも、秋の主役にバトンタッチしてきています。
一ノ瀬園地の大カエデの前では、8月下旬~9月上旬に咲く花
「マツムシソウ」がプチ群生します。茎が長い「マツムシソウ」は、
秋の風に吹かれて、ブラ~ンブラ~~ンと揺れています。そこに
蝶やハナアブなどの昆虫が集まっている様子は、何とも長閑な
雰囲気。 大カエデの紅葉が始まると混雑しますが、今の時期は
静かでいいですね。

f0182173_11164125.jpg
そして秋となれば、やはり「菊」の仲間の花の出番です。
薄紫色の「ノコンギク」

f0182173_1116201.jpg
濃い黄色の「ハンゴンソウ」。 これは山地に自生する植物です。
アラゲハンゴンソウやオオハンゴンソウなどの外来種とは違います。

f0182173_11164596.jpg
場所によっては、モリモリと群生する「ゴマナ」。

f0182173_11173290.jpg
昔はドライフラワーの材料にもしていた「ヤマハハコ」。

f0182173_11303641.jpg
アップで見ると、可愛いですよ。

東京に住んでいる時には、「菊」と言うと何となくお供えするお花の
イメージが強く、特に好きな花ではなかったのですが、山に住んで
いると、野生の菊の愛らしさに気付かされ、親近感がわいた感じが
します。

高原内が紅葉の盛りになるまでの間、あちらこちらで「菊」の仲間が
咲き乱れます。 この時期は、寒すぎることなく、とても涼しくて快適!
秋の空と花々を愛でながら、高原散策を楽しむのに丁度良い季節です。
散策の合間には、「カフェ・スプリングバンク」でランチやコーヒータイムに
お立ち寄りくださ~い。 ご来店、お待ちしています~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-08-29 17:05 | お花

<< 感動的ご来光!!!@乗鞍岳。 乗鞍の伝説のアノ人のご来店~!! >>