ツキノワグマ勉強会へ・・・

昨日は、乗鞍自然保護センターで「ツキノワグマ勉強会」が
開催されました〜。
f0182173_21242570.jpg
ここ乗鞍高原でも、もちろん熊さんは生息しているので、
事故が起きないように、どうすればいいのかを知るための
貴重な勉強会でした。

今回は「NPO法人 信州ツキノワグマ研究会」から専門家の
先生が、講師として来てくださいました~。

f0182173_21243713.jpg
山間部が多い信州では、熊さんが高さを上手に利用して暮らして
いることも教えていただきました。乗鞍高原は、ミズナラなどの
落葉広葉樹林に恵まれているので、冬眠の時期以外はずっと近くの
森に居るような気がしていました。でも、春に柔らかい新芽の部分、
つまり山菜を食べた後、夏になると食べ物が減ってしまうそうです。
そこで、人里近くの畑や林道に降りて行ったり、逆に高山帯に登り、
ハイマツやコケモモなどの高山植物の実を食べているようです。

f0182173_21245061.jpg
熊さんの一年の暮らしぶりをよ〜く知ることが、無用な衝突を
避けながら、同じ山域で共存していくために不可欠であると強く
感じました・・・。

f0182173_2125070.jpg
ずっと気になっていたのが、「熊鈴は効果があるのか?」という
問いでしたが、先生はハッキリと効果があるので、必ず携帯する
ようにと話されました。勘違いが多いのは、持ち歩いてはいるけど、
鳴らしながら歩いていない・・・点が問題だそうです。熊に出会って
しまってから、威嚇するように一生懸命鳴らして何とかしようと
いう考えは間違っているという事ですね。

f0182173_21255096.jpg
そして、クマさんの勉強会を終えて外に出ると・・・、
観光センターの駐車場で不思議な光景を見ました。
カラマツの黄葉色をしたAUDI の車体を丁寧に磨く男性が4〜5人。
車を載せて搬送する大型トラックも待機していました。
何だったのでしょう??? CMの撮影だったのかな~~。

f0182173_2126136.jpg
不思議に思いながら、カラマツが輝く楢の木坂を下って
帰路に着きました~・・・。

f0182173_2217269.jpg
「カフェ・スプリングバンク」へ戻ると・・・、カナダからやって来た
クマの「アルバート」君が熊鈴を抱えて待っていました~!!
(アルバート君は、なかなか皆さんの前に出てこない・・・)

スプリングバンクに併設のスポーツショップでは、モンベルの
熊鈴を販売しています。この「トレッキングベル」(クマ鈴)は
信号と同じく赤、青、黄色の3色があります。
「鈴」の大きさは5cm。お値段は¥600-です!
熊鈴をまだ持っていない方は、是非どうぞ~~~。


f0182173_10513315.jpg
そして!!、今日の朝の乗鞍岳は雪で真っ白になっていました!!
もうあとほんの少しで、スキーシーズンが始まりますね~!!
みなさん、よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-11-14 10:04 | イベント

<< ワイン 277 雪が降りました~!!@乗鞍高原。 >>