ワイン 280

気が付けば、もう早いモノで今日から12月ですぅ!・・・・。
もう来週には「Mt.乗鞍スキー場」がオープンしますので、
また忙しくなる前に、僕たち「安旨ワイン探検隊」は山積の
ミッションをこなしていくのでありますっ!!・・・・。

今回のワイン、「ブラニィ、ロベール・アンポー」1992年です!!
f0182173_10475168.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方のボーヌ村にある
「ブラニィ」という所の畑で造られたピノ・ノワールのワインです。
この「ブラニィ」という地区は、ブルゴーニュの白ワインの一大
有名産地である「ムルソー」の中にある地区で、白ワイン用の
シャルドネというブドウを栽培すればスゴく高価なワインになる
のですが、そこで敢えて!赤ワイン用のピノ・ノワールを栽培
して、「ブラニィ、1級」として販売されているのです!!


造り手は、その非常に珍しい「ブラニィ」という地区名で赤ワイン
を造っている老舗ドメーヌ「ロベール・アンポー」です。 彼らは、
シャルドネを植えれば「ムルソー」や「ピュリニー・モンラッシェ」
という超高級白ワインにもなるこの畑に、あえて!自信をもって
ピノ・ノワールを栽培し赤ワインの「ブラニィ」を造っているのです。
なので、生産量は非常に少なくて、全体でも年産2,400ケース程
しかない超希少赤ワインになるのです!!しかも、このドメーヌ
「ロベール・アンポー」では、古酒で飲み頃になったワインだけを
少しずつ蔵出しすることで有名なのですっ!! この1992年は
21年熟成バックヴィンテージです!!

現在は、ロベール・アンポーと息子さんの「ミシェル」さんがとても
精力的に栽培と醸造にあたっており、見事なワインを生み出して
いるようです。このドメーヌロベール・アンポー」の詳細はネットでも
殆んど見つかりませんが、白ワインの醸造では非常にエレガント
でクラシックな造りらしく、全て手摘み収穫し、樽はアリエ産のみを
用いて、新樽使用は平均30%らしいです・・・。


こんな面白いブルゴーニュ1級、「ラ・ピエス・スー・ル・ボワ」が、
まだあったんですね~!! なので今回は、珍しい「ブラニィ」の
境地へと、僕たち「安旨ワイン探検隊」は突入させて頂きます!!
いざっ!!、オ~プンですぅ~~。
f0182173_10483613.jpg
このワイン、開けてスグはとても固くてなかなか香りが立ち上がって
きませんでした・・・。色も非常に薄い感じです。でも1時間程すると、
かなりイイ感じに香りが出て来ました~。古典的な感じで果実香は
あまりなく、複雑な感じです。 美味しい漢方薬?、晩秋の森林浴?
それに仄かにロースト香があり、とても繊細な感じが美味しいです。
時間が経つにつれて、とてもバランス良くまとまって行き、最後には
とてもイイ感じの複雑さになって行きました~。古酒の味わいですね。

最近の有名な爆発的な香りのワインとは対照的な、バランス重視の
繊細でほんのりと美味しいワインだと思いました・・・。これで3千円台。
古典的なブルゴーニュ好きの人にはオススメするワインだと思います。


これから年末年始になっていきますが、また「カフェ・スプリングバンク」
へのご来店もお待ちしています~。よろしくお願いします~!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-12-01 02:46 | お店のご案内

<< 4号横抗の歴史探索ツアー スキーヤー御用達のアノお店!! >>