ワイン 281

スキー場のオープンが待ちきれない静かな夜に、
また僕たちは「安旨ワイン探検隊」のミッションの
遂行に勤しむのであった・・・・。

今回のワインは、「ブルゴーニュ・パストゥグラン、
 Y et P.シャルロパン」2009年です~。
f0182173_19301211.jpg
このワインは、ブルゴーニュ地方の、ピノ・ノワール種と
ガメイ種の2つのブドウ品種をブレンドして造られている
ワインです。

造り手は「Y et P.シャルロパン」という会社です!! この会社は、
「フィリップ・シャルロパン・パリゾ」さんが自分でワインを造っている
会社なのです。シャルロパン・パリゾさんは、22歳の時に父である
「アンドレ」さんから僅か2ha弱の畑をもらってワイン造りを始めて、
一人だけで始めたドメーヌでした・・・。しかしその後の80年代末に、
あの「ワインの神様」と言われている「アンリ・ジャイエ」さんに指導を
受けて開眼!、それまでとは全く違う方法で自らが目指すワインを
造り始めます! 除草剤と化学肥料は使用せずにブドウを栽培する
リュット・レゾネ(減農薬農法)や、低温マセレーションなどを行って
ワインを造っています。そして現在は、特級畑の「シャンベルタン」や
「マジ・シャンベルタン」や、「クロ・ド・ウージョ」なども持ち、アロマに
溢れた精妙なフィネスを備えたワインを造っていて、ブルゴーニュ
の最高峰のひとつとなっているのです!! 
(前回のパリゾのワインはコチラを見て下さい。→「マルサネ」)


そのフィリップ・シャルロパン・パリゾさんが造る一番安いワインが、
このブレンドの「ブルゴーニュ・パストゥグラン」です。その真価は
いかに?!・・・、いざっ、突入です!!、、オ~プン~~・・・・。
f0182173_1930381.jpg
このワイン、開けてスグから芳醇な香りがグラスい~~っぱいに
広がってきます! ブルゴーニュのこの一番安いクラスのワイン
なのにこの香り!、ラズベリーやダークチェリー系のフルーツ香、
そして腐葉土のような複雑さ、とてもイイ感じです!! 味わいは
ちょっと酸味がありますが、許容範囲でバランスがイイですね!
時間が経ってもあまり変わらず、そのまま最後まで美味しかった
ですね~~。

このワインは、何と!、千円ぐらいなのです!!! 久しぶりに
僕たち「安旨ワイン探検隊」超オススメのワインとなりました!!
見つけたら即買いですね~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2013-12-06 02:29 | お店のご案内

<< Mt.乗鞍スキー場がオープンで... スキー場へのお誘い いろいろ >>