ワイン 288

マイナス気温が続く、乗鞍高原の厳しい環境の中でも、
僕たち「安旨ワイン探検隊」は、山積されたミッションを
遂行していくのですっ!!・・・。

今回のワイン
「ヴォーヌ・ロマネ、ヴァンサン・ジラルダン」2009年です。
f0182173_9493999.jpg
このワインは、フランスはブルゴ^ニュ地方の名醸地である
ヴォーヌ・ロマネ村で造られるワインです。

造り手は「ヴァンサン・ジラルダン」です!! このドメーヌは
比較的新しく、ヴァンサンさんが1982年に父から自分の相続
分の2haの畑を引き継いで独立したところから始まりました。
その後「ムルソー」という白ワインの特級畑を購入して白ワイン
造りに目覚めます!!  彼のワイン造りの哲学は、ブドウ畑
は手を加え、ワイン醸造は出来るだけ自然に、という事らしい
です。以前から農薬は使わずブドウを栽培していて2011年に
ビオディナミ(特殊有機農法)にしています。ワイン醸造では、
近代設備のワイナリーで、すべて手摘みで収穫されたブドウを
その年の天候に合わせて除梗します。ステンレスタンクで天然
酵母を使った醗酵。その後フリーランとプレスジュースを合わせ、
500Lの樽で最大16ヶ月間熟成します。新樽比率は30~60%。
清澄もろ過もしません。「ヴァンサン・ジラルダン」では、ブドウの
樹の樹齢50年以上の葡萄樹を使っているワインに、このラベル
のように「ヴィエイユ ヴィーニュ=古い樹」の表記をしています。


最近の雑誌やワインジャーナリズムから、高い評価を得ている
「ヴァンサン・ジラルダン」なので、僕たち「安旨ワン探検隊」も
ここはやはり、抑えておかなければ!と言う事で、少し高かった
のですが、「ヴォーヌ・ロマネ」に挑戦です~。白ワインが有名な
ヴァンサン・ジラルダンの赤ワイン、いざっ、オ~プンですぅ~~。
f0182173_9494898.jpg
このワイン、開けてスグはとても硬い感じです・・。2009年なので
まだまだ早過ぎるのは分かっています。でも、30分ぐらい経つと
ダークチェリーのような果実感と爽やかな樹木のようなオークの
ニュアンスがバランス良く合わさっていて、とてもイイ感じです!
酸味も少し強くて、チカラ強さも感じます! 2時間ぐらいかけて
飲んでみましたが、最後はとても複雑で美味しいブルゴーニュに
なっていきました~~。

やはり、良いブルゴーニュワインはボトル熟成が必要なのだと、
改めて僕たちの不甲斐なさを露呈させた、今回のテイスティング
だったのでした~~・・・・。

こんなワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」へのご来店を
お待ちしています~~!! よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-01-29 02:47 | お店のご案内

<< 雪が降ったらスキー!・・・じゃないよ 【号外!】、乗鞍岳がテレビ放送... >>