槍ヶ岳ワンデイBCスキー!!①(登攀編)

人には、越えなければイケない壁がある!・・・。
人には、愛すべき理由がある!・・・。
人には、叫ばなければイケない時がある!・・・。
人には、成さなければならない夢がある!!、

そして、僕達の前には「槍ヶ岳ワンデイ」があった!!!
・・・・・・・・・・・・・。


去年から・・・、いや、僕がバックカントリースキーを始めてから
ず~~っと秘かに狙っていた「槍ヶ岳ワンデイBCスキー」・・・。
去年から仲間と何回かチャンスを伺がっていたのだが、天気が
良くなくてここまで行く事ができていなかったのだった・・・。

しかし、このままでは今年も行けないのでは?と言う事になり
天気予報は最高の「晴れ」予報ではないが、一度突っ込んで
みよう!という事で、行ってみたのであった・・・。
f0182173_10495268.jpg
朝、というかまだ深夜である12:30にスプリングバンクへ集合。
物音ひとつしない暗闇の新穂高から1:45スタートだ!!・・・・。

今回のメンバーは、去年からこの槍ヶ岳ワンデイを狙っていた
SZ 君と、百戦錬磨のガイドのNJさんだ!!・・・。

f0182173_10495997.jpg
真っ暗な林道をヘッドライトで薄く照らしながら、黙々と延々と
歩いて行く・・・。白出沢までは誰かのラッセル跡があったので
楽だったが、その先は全くの深い雪の世界である。3人交代で
ガンガンとラッセルをしながら、あの広大な飛騨沢を滑降する
イメージをしながら、情熱を燃やして突き進んで行った・・・。

しかし、この画像のように、スタートの時点から雲に包まれて
いて、雪がチラチラとしている天気・・・。 この時のメンバーの
心の中には、かなりの不安がよぎっていたのであった・・・。

f0182173_1050727.jpg
それでも僕達は止まらない!、ネットの天気予報だけを信じて
白出沢~滝谷~槍平とラッセルしまくりで進んで行くと、槍平の
手前から一気に雲の上に出たのであった~!!この日の雲は
かなり低い所だけにあり、標高2000mから上は快晴の青空が
広がっていたのであった!!! そして6:00を回ると、辺りが
明るくなってきた・・・。 

f0182173_10501550.jpg
5時間ちょっとで槍平に到着したのであった・・・。天気は快晴!
そしてこのペースで槍平に到着出来たので、この時点で今回の
「槍ヶ岳ワンデイ」は、成功の確率がかなり高まって来ていた!
僕を含めみんなの中には、もう高揚感と達成できそうな期待感
だけが意気揚々と渦巻いていたのであった~!!

f0182173_10502053.jpg
上記の画像の後ろには、涸沢岳~北穂高岳が、かくも厳しく
聳え立っていたのであった!! 画像は、涸沢岳の朝焼けの
瞬間だ・・・。 感動的な瞬間であった・。

f0182173_10503578.jpg
そして、いよいよターゲットである飛騨沢の登攀が始まった・・・。
余りにも広大な飛騨沢は、登っても登ってもなかなか近づいて
こない感じであった・・・。

標高差1000m程もある広大な飛騨沢を、自分の足で登って滑る。
これぞ、男のロマン、スキーヤーの夢なのだ!!・・・。(僕だけ?)

f0182173_10504465.jpg
バックには、朝日に照らされた笠ヶ岳~抜戸岳が、美し過ぎる程の
白さを纏って聳えていた!! その中を、誰も居ないので僕達3人
だけで貸し切り状態という最高の贅沢を味わいながら、一歩一歩
少しずつだが確実に登って行ったのであった。

f0182173_1051211.jpg
ここまでで、もうすでに7時間以上もラッセルしながら深い雪の中を
歩いて登ってきて、ようやくもうあと少しの所まで来た!! 左上の
岩の上には、槍ヶ岳山荘が見えて来た~!! もう体力はかなり
限界に近かったのだが、一人クライマーズハイな状態でガンガンと
ファイナルラッセルを僕がこなしていった・・・。

f0182173_10511827.jpg
そして!、ついにっ!!、8時間15分程で、飛騨乗越に到着した。
その向こうには、想像を超えた素晴しい山岳景色が広がっていた
のであったぁ~!!!常念岳、大喰岳、そしてやっと、槍ヶ岳が!
目の前に壮大に聳えていたのであった~!!! 
(景色は「景色編」を書きますので、そちらをお楽しみに・・・)

f0182173_10512442.jpg
しかし、僕達の挑戦の登攀はここで終わりでは無いのだっ!!、 
今回は槍の穂先へ、厳冬期の槍ヶ岳登頂を目指して、さらにあの
岩壁を登っていったのであった!!・・・・。

f0182173_10513461.jpg
3人でロープアップをして、やはりここはガイドのNJさんにお願いを
して、アイゼンにピッケル、ハーネスにロープを繋いで、安全確実に
アイゼンのツメを効かせて登って行ったのであった・・・。久しぶりの
冬の3000mの山でのクライミングは、かなり緊張した~~・・・。

f0182173_1051452.jpg
そして、いよいよ最後の階段を登り切ると・・・・・!!!・・・・・、、
f0182173_10515479.jpg
厳冬期の「槍ヶ岳」に登頂成功したのであったぁ~!!!!!
槍ヶ岳なので、今回もヤリましたぁ~!!!!!
スタートしてから10時間15分かかって12時ジャストの登頂!、
今回も無事にやり遂げたのだった~~。まさに感無量だ!!

この冬の槍ヶ岳山頂から見る景色は、文字通り感動極まる程の!
素晴しい山岳風景だった!! かなり雲海が出ていて、山々が
浮かんでいるような感じで、それでいて穂高連峰の厳しくも美しい
景色だった~!!


(続くっ!!・・・)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-02-14 11:48 | アウトドア

<< 槍ヶ岳ワンデイBCスキー!!②... ヴァレンタイン・デイのサービス~。 >>