槍ヶ岳ワンデイBCスキー!!③(滑走編)

厳冬期の槍ヶ岳に登頂した後は!、僕たちスキーヤーの
目的でありメインイベントである「滑走」が始まるのだっ!!
ここまで10時間もかけて登ってきた分の標高差を一気に
滑って行けるのである!! まさにドリームランである!!

f0182173_10173563.jpg
そのために、まずは槍ヶ岳の穂先からクライムダウン・・・。
ここのクライムダウンが今回の一番恐怖のセクションだった!
眼下に見える広大なスロープ状の斜面は「槍沢」だ~!!
こちらも素晴しく良さそうに見えていたのであった・・・。

f0182173_10234074.jpg
雪に埋まった槍ヶ岳山荘の影で風をよけて、大休止をしてから、
今回は滑るにはちょっと雪が少なかったので、「飛騨乗越」まで
歩いて下り、そこから待望の「スキー滑走」が始まった!!


f0182173_101757100.jpg
まずは、ガイドのNJさんのテレマークライディングだっ!!
f0182173_1018948.jpg
広大すぎる程の「飛騨沢」に、超ドデかいテレマークターンが
ビシィッと決まる~!!
f0182173_10181939.jpg
さすがは百戦錬磨のガイドさんである!! こんなに素晴しい
状況を余すことなく堪能されていた~!! カッコイイ!!!
カッコ良過ぎる!! 素晴しいシェプールである!!!


f0182173_10183124.jpg
2番手は、今回のパートナーであるSZ君のライディングだ!!
センター幅120mm以上の激ファットな「リバティ・スキー」が!、
ここぞとばかりに如何なく性能を発揮するっ!!
f0182173_10183849.jpg
体力的にもフトモモ的にもかなり限界に近かったらしいのだが、
SZ君はこの槍ヶ岳・飛騨沢を出来るだけ頑張って滑って行った
のであった~。 いやぁ~、若いってスバラシイ・・・・。



そして、最後は僕の滑りですぅ・・・・。
今回もガイドのNJさんが、頑張って動画で撮影してくれたので
あった!! 最初に映ってるSZ君の後に、超広大な飛騨沢を、
出来るだけトップスピードに乗せて、ドッカアァァぁぁ~~~ンと
思いっきりボトムまで滑って行ってしまったのであった!!・・・。 
あぁ!、、これぞドリームランだ・・・・。


f0182173_10185065.jpg
そして、3人それぞれ思い思いのシェプールを思いっきり描いて
飛騨沢のボトムで合流!! その後は、ここまで登ってきた道を
少しずつ滑ったり登り返したりしながら3時間程かかって帰って
行ったのであった~!!


かくして、僕たち3人の「槍ヶ岳ワンデイBCスキー」は、大成功と
なったのであった!! ガイドのNJさん、「ラッセル・マシーン」の 
SZ君、そして安全スキーヤーの僕、3人のアツい想いがやっと
叶って、感無量&完全燃焼で達成感に包まれたのであった!!


夢は、想い続けて、精一杯努力して、叶えるモノである。
夢は、その瞬間に儚くも僕たちをすり抜けて去って行く。
そして夢は、また新たに僕たちの中に、さらに大きくなって
現れて、僕たちを何処かへ連れて行くのだろう・・・。
僕たちは、その新たな夢に向かって進んで行くのであった!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-02-16 02:14 | アウトドア

<< ワイン 291 【号外!!】超超大雪!!!@乗... >>