焼岳北面黒谷BCスキー!(滑走編)

昨日の「登攀編」の続きである、焼岳北面・黒谷の
「スキー滑降編」だ~!!

f0182173_21204439.jpg
焼岳南峰の北側のコルから、南峰の爆裂火口を眺める!!
南峰の山頂は、この外輪山の真ん中に見えるちょい左側の
岩場の上だ・・・。 今回はここからドロップ・インするのだ!!

と、その前に、「焼岳」の山頂から見た山々の景色の画像を
ブログの読者の皆さまに、いくつか送りたいと思うのである。
f0182173_21205517.jpg
これは、上記の画像の爆裂火口のフォーカスした画像だ・・・。
奥の左側に見える岩峰が、「北峰」だ。硫黄の白いガスが
スゴイ勢いで吹きだしていた!!・・・。

f0182173_21211365.jpg
コチラは、北側の景色で「穂高連峰」である。
天気はまさに快晴!、青空の中白く浮かび上がったように
輝いている厳冬期の「穂高連峰」は、また格別に美しい!!

f0182173_21212296.jpg
コチラは西向きの景色で、左から「笠ヶ岳~抜戸岳」~双六」
である。そして、この下が、これまで僕たちが登ってきた方向
なのである!!・・・。

f0182173_2126062.jpg
今回は、焼岳南峰のコルからドロップ・インしたかったのだが、
雪が風で吹き飛ばされていて、たくさんの岩がゴロゴロな状態
で滑れなかったので、ここからスタートだ!!!

f0182173_21221575.jpg
まずは、今回のパートナーであるガイドのNJさんのテレマーク
スキー滑降だぁ~!!

この滑り出しは、岩がゴロゴロしていて、所々アイスバーン状態
だったのだが、シッカリとテレマークターンを決めてくれたので
あった~!!

f0182173_21222930.jpg
そして、自然地形で出来た巨大ハーフパイプ状の「黒谷」中盤の
パウダーを堪能するガイドのNJさんである!! 気温が上がって
少し抵抗のある重パウダーだったのだが、しっかりとスプレーを
上げて行かれたのであった~。

f0182173_21223466.jpg
爽やかな笑みを浮かべながらの華麗なテレマークターン!!
スゴイ、素晴し過ぎるっ!!、さすがはNJさんである・・・。


f0182173_2122294.jpg
そして、僕の滑りですぅ・・・・。 誰も居ないノートラックの広大な
急斜面で、腰の辺りまでスプレーが上がる素晴しいパウダー!
去年のリベンジが完璧になった瞬間であった!!・・・・。


そして!この動画も、これまたガイドのNJさんが、この厳しい
状況にも必死に撮影してくれたのであった~。


f0182173_2129515.jpg
「焼岳・黒谷」は、下部に行けば行くほど谷が深くなっていく・・・。
楽しいスキー滑降も「アァッ!!」と言う間に終了に近くなり、
振り返れば、さっきまで立っていた焼岳山頂ももう遥か遠くに
見える程滑って来ていたのであった!!・・・。

この後は、一部露出していた滝と川を何とかトラバースして
一番最初に渡渉した堰堤を、左に巻いて滑ってクリアして!
また林道をスタート地点である中尾温泉まで帰っていったの
であった・・・・。最後にはグサグサのストップ雪に悩まされて
汗ダクになりながら、完全燃焼で辿り着いたのであった・・・・。



かくして、僕の今年の課題であり、リベンジしなければならない
「焼岳北面・黒谷」ルートを踏破することができたのであった!
そして、これからも、まだ行ったことが無いルートへ滑りに行き
たい!!、夢を実現したい!、と強く思うのであった・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-03-15 02:10 | アウトドア

<< ワイン 297 焼岳北面黒谷BCスキー!(登攀編) >>