猫岳バックカントリースキー!!(登攀編)

Mt.乗鞍スキー場の今シーズンの営業は終了となりました・・・。
僕の今シーズンのスキーの課題も、かなりこなしてきました・・・。

しかし!、まだ、あの人とのBCスキーは行けて無かったのです!
なので今回は、満を持して!、あの人からのお誘いに乗る事に
して、岐阜県側の裏乗鞍の「猫岳」行ってしまいました~!!・・・。
f0182173_19375220.jpg
朝早くから乗鞍を出発して、安房トンネルを越えて岐阜県側の
裏側へ走り、朝日が上がる前の「久手牧場」から「猫岳」BCが
スタートしました~~。

僕の課題であった「あの人」とは、カモシカスポーツ松本店の
店長であるYDさんです!・・・。去年は一緒に「妙高BCスキー」
に行ったので、今年も一緒に滑ろう!と言っていたのですが、
なかなかタイミングが合わずで、この最後の時期になるまで
一緒に派滑れなかったのです・・・。が、ラストになって今回の
カモシカテレマークチーム、「カモテレ」のBCスキーツアーに
踵の上がらない僕も誘って頂き、一緒に行ける事になったの
でした~~。どうもありがとうございました~~。


f0182173_193881.jpg
登り始めは、「久手牧場」の広大なオープンバーンに、ジグを
切って登って行きます・・・。この日は非常に寒くて、朝の気温は
マイナス8℃!!、、、。しかしその寒さのお蔭(?)で、雪質は
この4月ではありえない程のサラッサラのパウダーですっ!!
これは素晴しいスプレーが上がるのではないか?!、と思い
ながら喜々として登って行きました~。

f0182173_19381691.jpg
久手牧場を越えると、乗鞍スカイラインの「平湯の駐車場」に
出ます。 ここから見える「白山」、「槍穂高連峰」、「乗鞍岳」の
素晴しい景色が広がってきて、思わず「うおぉぉ~~!!」、と
叫んでしまうのでした~!!

f0182173_19382996.jpg
平湯の駐車場を越えて行くと、しばらくは針葉樹林の森の中を
歩いて行きます・・・。何回か九十九折りの「乗鞍スカイライン」に
でますが、車道沿いではなく、尾根沿いの樹林帯の中を登って
行くのでした~・・・。

f0182173_19385050.jpg
そして、「乗鞍スカイライン」が九十九折りが終わってトラバースに
なる所で車道沿いに歩いて「猫岳」へアプローチして行きます!!
目の前に「ドオォォ~~ン!!」と。猫岳が見えて来ると、一気に
モチベーションがMAXになって行きました~!!

f0182173_1939499.jpg
猫岳の取り付きからはまた急斜面になるので、ジグを切りながら
登って行きます・・・。足元は結構深いラッセル!! そして、森は
樹氷のような感じになっていきました~!!シュカブラで真っ白に
なった森は、と~~っても美しかったです!!・・・。

f0182173_19391520.jpg
そして!、ラストの猫岳直下の広大な斜面を頑張って登ります!!
ここまで5時間程登って来ているので、最後のチカラを振り絞って
お亡くなり寸前のフトモモにチカラを入れて登りました・・・。

f0182173_19392946.jpg
そして!、スタートから5時間とちょっとで、「猫岳」に登頂しました!!
今回もヤリました~!! かなり長いツアーでしたが、4月とは思えない
ラッセルでしたが、今回も何とか登頂成功しました~! 山頂からは
「槍・穂高連峰」が目の前に思いっきり大きく見えました!! メッチャ
綺麗で、感動モノでした!!!


f0182173_19392882.jpg
山頂からの逆側は、裏側から見た我らが「乗鞍岳」が、またひときわ
大きく見えていました!! いつも見ている長野県側の「乗鞍岳」の
山容とは、ぜんぜん違っていますね・・・。


そしてっ!、ここから僕たちのメインイベントである「スキー滑降」が
始まりますっ!! 今回は「カモテレ」ツアーなので、僕の以外の
みなさんはみ~んなテレマーカーです。さて、どうなるか?!・・・。
(滑走編)へ、つづくっ!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-04-08 08:17 | アウトドア

<< 猫岳バックカントリースキー!!... モルトウイスキーご案内~!! >>