鹿島槍東尾根BCワンデイ!!(その①)

紺碧の空の彼方に、風と共に流れて行く・・・。

心に焼き付いている想い出、
あの日におき忘れて来た想い、
果たされなかった約束、
永遠の一瞬の中に見た全て、

それでも、体力と技術を磨き、精神を研ぎ澄まし、
強く望めば叶うと信じ、今回僕達が向かったのは、
かくも厳しく白き斜面をまとった「鹿島槍」であった!!

「カフェ・スプリングバンク」のホリディのBCツアー
第二弾はっ!、「鹿島槍東尾根ワンデイBC」だ~!!

f0182173_17374681.jpg
去年に滑った「爺ヶ岳」のその奥に、またひときわ美しく
真っ白い広大な斜面を見せつけている「鹿島槍ヶ岳」!・・・。
この山もまた、僕達山岳スキーヤーの抑えがたい滑走欲や
征服欲をこれでもか!と刺激し続けている白い斜面を纏った
山なのだ!!・・・・・、、、。

しかし!、「スプリングバンクのホリディ」の後半にさしかかった
この時期に、ついにその時は来たのであった~!! なので
「カフェ・スプリングバンク」の春のホリディ期間のBCツアーの
第二弾は!、「鹿島槍ヶ岳、東尾根BCスキーツアー」だぁ!!


f0182173_17375364.jpg
今回も、いつもお付き合い頂いているガイドのNJ さんから1本の
連絡が入り、長い間憧れ続けていたあの斜面へ挑戦しに行こう!
と言うのだった!!これは僕がいつも待ち焦がれていた瞬間で
あったので、スグにBC スキーの用意をして、まだ真っ暗な深夜の
1時に「鹿島槍登山口」へ・・・。ここからツアースタートだ~!!

f0182173_1738768.jpg
最初は雪の無い林道から東尾根取り付きセクションを、延々と
ヘッドライトの明かりを頼りに、登りにくいスキーブーツで歩いて
行く・・・。 東尾根に上がると、そこからは硬くてスキーシールの
効かない雪になり、アイゼンを付けてザクザクと登っていった・・・。

f0182173_17381654.jpg
そして、5:20!、いきなり朝日が上がり、辺り一面がピンク色に
染まって、真っ赤な朝日が上がって来たのだったぁ~!! 

f0182173_17382585.jpg
目指す「鹿島槍ヶ岳(右)」も素晴しい色合いになっていた!!

f0182173_1738337.jpg
そして「爺ヶ岳北面」も、ピンク色に染まって行ったのだった!
この「爺ヶ岳北面」は、ヒマラヤのような「ひだ」の雪になって
いて、メッチャカッコ良かった~!!

f0182173_17384716.jpg
「ご来光」の後も、超急斜面の硬い雪にアイゼンを蹴り込む→
ピッケルを差し込んで登る!を繰り返して、淡々と登って行く。
僕の左側に伸びる雪の尾根が、今まで登ってきた「東尾根」
なのだ・・・。ここまででも、もうすでにかなり登ってきているの
だった~~。

f0182173_1739793.jpg
この「鹿島槍・東尾根」ルート登攀には2つの核心部分があり、
その最初の「第一岩峰」がここである。この真ん中の垂直の壁
の雪のある部分を登って行くのだ!! ここまでも一つ間違え
てしまえうと、死の底まで滑落という雪の稜線の登攀が続いて
いて、かなりの緊張状態だったのだが、さらにこの岩と雪の壁
を越えて行かなければならないのであった~・・・。

f0182173_17391851.jpg
しかし、こんなスゴい垂壁のセクションも、坦々とこなしていく
ガイドのNJさんなのであった~!!・・・。もう本当にスゴイ!
としか言えないのであった!!・・・・。さすがです。

f0182173_1739284.jpg
そして、その後に迫り来る「第二岩峰」がコチラである!!・・・。
「第二岩峰」には、あまり雪は無く、ロッククライミングのような
感じであった!! しかし!、履いているのはいつものクライ
ミングシューズではなく、スキーブーツにアイゼンなのだ・・・。
これは、僕にとってはかなり緊張&難しかったのだった~。

f0182173_17393799.jpg
しかし、「鹿島槍ヶ岳」の頂上はもうスグそこまで迫っている!
ここで退散はありえない!!・・・。スキー滑走はもうスグだ!
なので、今まで練習してきたクライミングの僕の持てる技術を
全て駆使して、何とかこれを越えていったのであった・・・・。
(もう、やっとやっとですぅ~・・・。)

f0182173_17394414.jpg
2つの核心部分を越えて来て、天狗尾根と稜線が合流する
ポイントを越えて、あと少しのところまで来たぁ~!!・・・・。
僕のバックには「鹿島槍北壁」から流れる「カクネ里」と言う
氷河のような雪の沢が見える!、凄まじい高度感だ~!!
(なんで、沢なのにカクネ里とい名前なんだろう?・・・)

f0182173_17395936.jpg
そしてっ!ついに!!、スタートしてから7時間50分ほどで、
「鹿島槍ヶ岳北峰、2842m」に登頂したのであった~!!!
超快晴にほぼ無風の最高のコンディションと最高の山岳景色
が、手中になったのであったぁ~!!!


山頂からの景色と、スキー滑走は、
(その②)へ続くっ!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-04-16 02:36 | アウトドア

<< 鹿島槍東尾根BCワンデイ!!(... 蓮華温泉BCスキーツアー~。(... >>