鹿島槍東尾根BCワンデイ!!(その②)

夢を掴む事を限りなく強く望めば、
諦めないでチャンスが来るのを待てば、
いつか手に入ると想い、ここまで来た!!

昨日の「鹿島槍東尾根ワンデイBCスキーツアー」の続きです!
f0182173_859477.jpg
スタートしてから約7時間50分で山頂に立ってしまったのだった!
通常の冬山登山なら1~2泊ぐらいの行程になるのだが、僕達
はスキーヤーなので、ワンデイで狙って行ったのだった・・・。


最高の天気で山頂からの山岳景色は、また最高だった!!
f0182173_8595559.jpg
まずは「剱岳」!!! 去年の爺ヶ岳に行った時に見たが、
この角度から見る「剱岳」の格好が、素晴しくカッコイイ!と
思うのだ・・・。長次郎沢や三の窓も見えていた~。

f0182173_90227.jpg
コチラは「鹿島槍ヶ岳・南峰」(右)だ!!!
左の一番奥側には、槍ヶ岳~穂高連峰も見えていた!!
(写真だと小さ過ぎて、ちょっと分かりませんかね?・・・)

f0182173_901228.jpg
コチラは、北峰山頂から覗く、北壁から落ちる「カクネ里」・・・。
スッパリと切れ落ちている「鹿島槍ヶ岳・北壁」も、雪の状態が
良ければ、滑れそうだと思ってしまった・・・。


f0182173_9245030.jpg
そして、ここから僕達スキーヤーのメインイベントである滑走が
始まるのだ!! ちなみにここまでの写真では、どんなところを
登って滑っているのか良く分からない感じなので全体の画像を
ここで貼り付けておく。 赤色が登攀ライン、コルから落ちて行く
緑色ラインが、今回のスキー滑走ラインなのである。


そして!!、夢の瞬間が訪れた!!!!
f0182173_9025100.jpg
北峰と南峰のコルから、最初に僕がドロップ・インだ!!!
約50°ほどの斜面が、快楽と緊張と不安を一瞬に凝縮して
くれるのだ!!! 
f0182173_903372.jpg
雪は少し緩んできていたので、2~3ターン目ぐらいからは
ドライブの効いたターンで滑走出来たので、素晴しいスキー
滑走が楽しめたのであった~~!!!

f0182173_904578.jpg
次にガイドのNJさんのテレマークライディングだぁ~!!!
岩壁の間の細い沢の真ん中に見える小さな点が彼なのだ。
バックには、さっきまで居た南峰の山頂が圧倒的な迫力を
まとい、威圧的に輝いていた!!  

滑走中、サイドからガラガラと落石が落ちてきたり、自分の
落とすスラフ(雪崩)が流れて来るのをコントロールしたり、
デブリのコブコブを回避したりと、かなり忙しくも難しいスキー
滑走だった~!!・・・。
f0182173_905498.jpg
しかし、下部では非常に滑らかな斜面があり、スキーも良く
走ったので、素晴しく快感なライディングが楽しめたのだった!
ガイドのNJさんのテレマークターンがビシィッと決まる~~!!


f0182173_905911.jpg
この本流に合流する岩壁の間を抜ければ、やっと安全地帯に
到着だぁ~~。この時はもうすでに「鹿島槍東尾根BCスキー」
をワンデイで達成できた達成感と安心感が、僕の中にフツフツ
と湧いて来て居たのであった~・・・。 最後は緩斜面を緩~く
滑って帰って行ったのであった。 雪がストップ雪に腐らずに
いてくれて、スキー板が良く走ったので良かった・・・。

f0182173_91454.jpg
最後は、いくつかの堰堤を越えて行き、林道を歩いて帰って
いったのであった~~!! ヤリました!!今回も大成功
だったのであった~!! 今回のアルパインクライミングと
バックカントリースキーの融合できた、「鹿島槍ヶ岳東尾根」
でのツアーは、快心の大成功だったのであった~!!! 
帰って来たのはまだ午前中の11:00ジャスト! 全行程で
9時間40分だった!!・・・。

一気に標高2100m以上を滑ってきて、振り返ればさっき
まで居た鹿島槍ヶ岳の山頂は、また遥か彼方の上の方に
過ぎ去って青空の中に光り輝いていた!・・・。改めて今回
またスキーの機動性に感心し、夢の時間の儚さを感じて、
素晴しい達成感に包まれていたのであった!!・・・・。
人生、あと何回こんな想いに浸れるのか?!、そんな事を
考えながら、また夢の先へと進んで行くのだろうと思う。
(NJさん、今回も本当にありがとうございましたぁ!!)


お次は「カフェ・スプリングバンク」のホリディ中のBCツアー
最終章、第三弾になると思います~~。行けるのか?・・・。
こうご期待ですっ!!・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-04-17 04:58 | アウトドア

<< 立山バックカントリースキー!! 鹿島槍東尾根BCワンデイ!!(... >>