ワイン 305

今回のワインは、「安旨ワインの至宝」と言われている、
アルゼンチン最古のワイナリーのワインです~~。

今回のワイン「パスカル・トソ、レゼルヴァ」2012年です!!
f0182173_9575016.jpg
このワインは、アルゼンチンはメンドーサ州一帯で造られている
カベルネ・ソーヴィニョン種のワインです・・・。

造り手は、アルゼンチンで最も古く最も名声の高いと言われている
「パスカル・トソ」です!! 1880年、「パスカル・トソ」さんは、彼の
出生地、イタリアワインの銘醸地である「ピエモンテ」を離れて、遠く
アルゼンチン「サン・ホセ」に移住してきて、ワインを造り始めました。
それから120年、今ではアルゼンチンで一番のワイナリーになって
います!! 2001年には、アメリカ・カリフォルニアから、超有名な
醸造コンサルタントである「ポール・ホッブズ」さんを迎え入れ、ワイン
のさらなる品質向上を目指しているようです!!

「ポール・ホッブス」さんは、カリフォルニア大学デイヴィス校でワイン
醸造を学び、その後、あの!「ロバート・モンダヴィ」でワイン造りを
経験してきます。そしてカリフォルニアワインの頂点のひとつである
「オーパス・ワン」のチームに抜擢され、初期の「オーパス・ワン」は
彼が造って来たのでした~!! その後は「シミー」に責任者として
加わって来たり、自分のブランドも立ちあげて来ています!! 彼の
カベルネ・ソーヴィニヨンのスタイルである、「マセラシオンの延長と
果実の丁寧な取り扱い」は、この頃生まれたようですね・・・。

そんな「ポール・ホッブス」さんが造っているこの「トソ・レゼルヴァ」は
畑の区画ごとに丁寧に栽培されたカベルネ・ソーヴィニョンを使って
発酵も自然酵母で行われ、マロラクティック発酵も出来るだけ自然な
形で行われます。 通常の「トソ」では、熟成に樽は使われませんが、
この「レゼルヴァ」ではしっかりと樽での熟成がなされています。



僕達「安旨ワイン探検隊」は、通常の「トソ」は「ペンション・カムス」で
取り扱っていますのでいつも飲んでいたのですが、この「レゼルヴァ」は
情けない事にまだだったのです・・・。なのでこの機会にちょっと飲んで
みたのでした~~。 いざっ、オープンですぅ~~!!
f0182173_9575638.jpg
このワイン、開けてスグからとても良い香りがグラスに広がります!
カベルネらしい甘いカシスのようなフルーツ香と、木樽熟成由来の
コーヒーのようなロースト香がとてもバランス良くて心地いいです。
さすがは「ポール・ホッブス」さんが造るワインだと思いました!
3時間以上かけてゆ~っくり飲みましたが、あまり味と香りの変化
はありませんでした・・・。これはかなりお薦めの安旨ワインです!
最近の中ではイチオシですね!! 美味しかったです~~。


このワイン「トソ・リゼルヴァ」は、「ペンション・カムス」で飲めます!
フルコースのディナーと共にお楽しみ下さい~。お待ちしています!

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-05-13 04:57 | お店のご案内

<< 一撃が成功した!クライミング~~。 桜が満開の乗鞍高原です~!! >>