ワイン 311

今回のワインは、今!世界中で最高の注目を集めている
ブルゴーニュの若手ドメーヌのワインですっ!! これは
僕たち「安旨ワイン探検隊」も最重要課題として取り上げて
いた、ブルゴーニュだったのですぅ~!!

今回のワイン「ブルゴーニュ、バンジャマン・ルルー」2011年です!!
f0182173_10223327.jpg
いつも通り、このワインはフランスはブルゴーニュ地方広域で
造られたワインです・・・。

造り手は、ブルゴーニュで今最も注目されている若手ドメーヌ、
「バンジャマン・ルルー」さんです~!! 彼は、ボーヌの花屋の
息子として生まれ、何と13歳で醸造学校に入り、大学で醸造士の
国家資格を取得。その後はオレゴン、ニュージーランド、ボルドー
などで修行して、23歳でブルゴーニュに戻ってきました。そして、
'99年にポマールを代表する「コント・アルマン」の醸造責任者に
パスカル・マルシャンの後継者として就任したのでした~。そして
2007年から、ボーヌの交差点の近くにある「ドミニク・ラフォン」と
同じ建物で、彼自身のネゴシアンとして「バンジャマン・ルルー」を
スタートさせました。

彼は、赤、白のブドウを契約畑から独占購入します。ブドウ栽培に
こだわりを持ち、畑に何度も足を運び栽培者と協力し理想とする
栽培方法で、農薬の制限を徹底しています。なので、畑の6割以上
がリュット・レゾネ、 残りはビオロジックで栽培されているようです。
このACブルゴーニュは、サントネイ・プルミエクリュとサン・トーバン
のブドウが使われいるようです。

「バンジャマン・ルルー」さんの醸造は詳しくは分からないのですが、
100%除梗で、アルコール醗酵は約6~10日間かけて行われます。
バトナージュでの澱の撹拌は行われないようです。そして樽熟成は
その年の出来具合によって新樽比率は変わるようですね。濾過は
されないで瓶詰めです・・・。(詳しくご存じの方、教えて下さい~~)



今年、マスター・オブ・ワインの「ジャスパー・モリス」さんの援助で
「バンジャマン・ルルー」さんがドメーヌとして独立されたようです!
今後さらに、素晴しいワインを造って行く事になると思いますね!
なので、今回探しに探し回って、このACブルゴーニュを見つけて
来ました~~。いざっ、オ~プンですぅ~~!!
f0182173_10221074.jpg
このワイン!開けてスグから素晴しい香りがグラスに広がって
来ます!!、色は薄いのですが、爽やかでエキスが溢れ出て
来ている感じです!! 香りはイチゴやラズベリーの果実香が
あり、森林浴のようなフレッシュな複雑さです。味わいも、酸と
果実のバランスがよく、しみじみと旨味があり、いくらでも飲めて
いく感じです~。 久しぶりに薄旨的ワインで、ゴクゴクと飲んで
しまいました~~。メチャ美味しかったです!!

これで¥2600-!!!、「バンジャマン・ルルー」さん恐るべし!
でした~。僕たち「安旨ワイン探検隊」の今年一番のオススメの
安旨ワインとなりました~!! ワイン好きなみなさん、ぜひ!
見つかったら飲んでみて下さい。素晴しいワインです。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-18 04:21 | お店のご案内

<< 穂高の歴史探索ツアー・・・。 鈴鹿8耐の応援Tシャツ、販売開... >>