ワイン 313

6月は、不安定な雨の天気にヤラれてばかりでした・・・・。
雨でお客さん少ないし、雨だと山にも遊びに行けないし・・・。
そんな中出来る事と言えば、ヤケ酒しかありませんね~。
でも今回は、謎の提供者さんからの高級ワインミッション!
なので僕達「安旨ワイン探検隊」はウキウキで突入です~。

今回のワイン「ロングボード、カベルネ・ソーヴィニョン」2007年です。
f0182173_22131262.jpg
このワインは、アメリカはカリフォルニア州にある一大名醸地
ソノマ・ヴァレー産のカベルネ・ソーヴィニョン種のワインです!

造り手は「ロングボード・ワイナリー」です。ソノマ・ヴァレーの中でも
最高の畑が連なる「ロシアン・リヴァー・ヴァレー」にて、ワイン造りを
しているのは「オデッド・ジャック」さんです。彼の出身地はイスラエル!
カリフォルニアへの移住後、世界最高峰のワインシンクタンクである
UCデイヴィス校で醸造学を専攻し、機会を見てはナパやボルドーを
始めとする様々な銘醸地に趣き、ワイン造りの研鑽を積んできました。
そして、ソノマ・ヴァレーの緩やかな土壌や気候に魅せられて、この
地に、サーフィン好きな自分のワイナリー「ロングボード」を立ち上げ
たのでした~。

そして、この「ロングボード、カベルネ・ソーヴィニョン」の何がスペシャル
なのか?と言うと、「ロキオリ・ヴィンヤード」のカベルネ・ソーヴィニョン
のブドウを使ってワインを造っている事ですっ!!!


現在のカリフォルニア・ピノ・ノワールのNO.1とも言える銘醸地である
ソノマは、「ルシアン・リヴァー・ヴァレー」。その中でも最高のブドウを
造っているのが、この「ロキオリ」なのです!!もちろんプライヴェート
の「ロキオリ」はカリ・ピノファンの中では最高のワインですが、他にも
「ウィリアム・セリエム」、「ゲアリー・ファレル」、「バニスター」などなど、
トップワインがズラ~りと並びますっ!!それだけ「ロキオリ」のブドウ
は「別格」なのです!! その最高のピノ・ノワール種のブドウを造って
いる「ロキオリ」が造っていた!幻のカベルネ・ソーヴィニョン種のブドウ
を使って造られているのが、この「ロングボード」なのですっ!!!

なぜ、造っていたと書いたのかというと、この「ロキオリ」のカベルネ・
ソーヴィニョン種のブドウは、この2007年を最後に全て引きぬかれて
しまい、現在は「ロキオリ」の畑にカベルネ・ソーヴィニョン種のブドウ
は無くなってしまったからです!・・・。なので、この世から無くなって
しまえばロキオリ産のカベルネは永久に飲めなくなるのです!・・・。
そんなスペシャルなワインなのです。

この「ロングボード」は100%ロキオリの貴重なブドウを使って造られ、
他品種のブレンドは一切していません。ワイン造りは、上部開放槽を
使い、手動によるパンチングダウンによりデリケートな風味と色調が
抽出されています。樽熟成も程々のようですね・・・。



またこんなに面白いワイン、謎の提供者さん、どうもありがとうです!
雨にもマケず「安旨ワイン探検隊」、いざっ、お~ぷんデス~!!
f0182173_22122918.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しい香りがグラスに広がります!!
強烈なナパ産のカベルネとは違い、全てのバランスの取れた程良い
感じの素晴しい香りです。カシスジャムのようなフルーツ香と森林浴
のような複雑さ、奥の方にオゾンのような感じもあって、美味です!
バランスがイイ感じなので、カリフォルニア産のカベルネの疲れる
感じはしないで、最後まで飲む事が出来ました~。

このバランスが最高の美味しさという所に、「ロキオリ」のスゴさが
垣間見れたような気がしました~・・・。

こんなワインを「カフェ・スプリングバンク」でいかがですか~?!
ご来店お待ちしています~。よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-06-29 03:11 | お店のご案内

<< 行者ニンニク餃子パーティー。 今シーズン初の小川山クライミング~。 >>