ワイン 314

今回の「安旨ワイン探検隊」は、この梅雨の中でも
怖気づく事無く課題に取り組んだ次第です~!!

今回のワイン「ブルゴーニュ、ドメーヌ・パラン」2010年です。
f0182173_1038860.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方のワインです。

造り手は、ブルゴーニュきっての有名ネゴシアン兼ドメーヌ
である「ドメーヌ・パラン」です。1636年ヴォルネィに創立した
ブルゴーニュでも最古の歴史を持つドメーヌで、ワイン醸造家
として「クロード・パラン」という名が、教会の台帳に残されて
いるらしいです! そして、18世紀の終わりごろ、駐フランス
大使として赴任していたアメリカの「トーマス・ジェファーソン」は、
この「パラン」のワインが大のお気に入りで、ホワイトハウスで
買い入れていたそうです!!・・・。そして1803年、ヴォルネィ
からポマールへと拠点を移し、当時の当主であった「クロード・
ジャック・パラン」さんは、「ドメーヌ・パラン」を設立し、この時
から200年間、伝統を守り続け現在に至っています。

現在11.57haの畑をボーヌ地区に所有する「ドメーヌ・パラン」の
造り出すワインは、ポマール、ボーヌ、ヴォルネイ、モンテリー、
ラドワ、そして特級の「コルトン」があり、それらの畑で造られる
素晴しいブドウで、このACブルゴーニュが造られるようです!!
手摘みでブドウを収穫した後、伝統的な木製の醗酵槽を用いて
厳しい温度管理のもとで1日2回程のバトナージュがなされてて、
12~14日間の醗酵を行い、9~10ヵ月程の樽熟成が行われる
らしいです・・・・。


こんな由緒正しい名門の「ブルゴーニュ」なのですが、不覚にも
僕たち「安旨ワイン探検隊」はまだ飲んだ事が無かったのでした。
なので、これはイカンっ!という事で、ついつい後回しにしていた
この「ドメーヌ・パラン」へ今回は突入です!!オ~プン~~!!
f0182173_10381629.jpg
このワイン、開けてスグにはちょっと硬い感じがあったのですが、
少しずつ素晴しい香りに変化していきました!素晴しいイチゴの
果実感と夏草のような複雑さ、それにほんのりと香る樽由来の
ロースト香があり、メチャイイ感じです~!! 味わいは少~し
酸味がありますが全く気にならない程度で、むしろバランスが
良い感じになっています~!! 時間が経つにつれて、さらに
味わい深くなっていくのでした~~。

これで¥1800-程!!!、これは素晴しき安旨ブルゴーニュ
ですっ!! 僕たちの言う「薄旨ピノ」でした~!!


こんなワインを飲みに「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~。
お待ちしています~~。よろしくお願いします~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-07-05 03:36 | お店のご案内

<< 夏のお花にスイッチオン!@乗鞍高原。 機密作戦G=Ga、進行ちう~・・・。 >>