ワイン 317

梅雨明けはまだか~?! と叫びながら、
またまたワイン、飲んじゃいました~・・・・。

今回のワイン「イヴニングランド」2010年です。
f0182173_9171269.jpg
このワインは、「イヴニング・ランド」というフランスとアメリカの
合弁・ベンチャー企業が、ブルゴーニュのピノ・ノワール種の
ブドウで造っているワインです・・・。

「イヴニング・ランド」は、ブルゴーニュの白ワインの最高峰の
造り手「ドメーヌ・コント・ラフォン」の当主ドミニク・ラフォンさん
が、海外で初めて手掛けるワインのベンチャー企業なのです。
「イヴニング・ランド」は通常、アメリカ西部にある3つの偉大な
ワイン生産地でピノ・ノワールとシャルドネを造っています。その
代表的な産地は、オレゴン州の「ウィラメット・ヴァレー」、そして
言わずと知れた「ソノマコースト」と、「サンタ・バーバラ」です!
3ヶ所の異なる気候区分にある偉大な畑を獲得した事によって、
いろんな性格のブドウを手に入れて、多種多彩なワインを造る
事が出来るようになった、という事らしいです・・・。

そして、造っているのが、ブルゴーニュの偉大過ぎる造り手の
「コント・ラフォン」のドミニク・ラフォンさんです!! 彼の造る
ブルゴーニュ産のワインは、1本数万円もする最高級ワイン!
そのドミニク・ラフォンさんが、新天地を求めてアメリカで造る
廉価なワイン、それが、この「イヴニング・ランド」なのです~!

全て自社畑でバイオダイナミック農法でブドウを栽培し、もちろん
醸造はコンサルタントのドミニク・ラフォンの下、ムニエールさんが
ワインメーカーとしてワイン造りを行います。 手作業で選り分け
られた後除梗され、オークの発酵槽に入れられて、4~5日間の
低温でマセラシオンを行います。1日に2回のバトナージュをして
自然発酵を行います。熟成は全てフレンチオークを使っての熟成。
新樽比率は、約50%~それ以下らしいです・・・・。


「ドメーヌ・コント・ラフォン」のブルゴーニュのワインは超高級な
価格なので、半ば諦めていたのですが、こんなワインがあった
のです~。 勇んで突入してしまいました~~。お~ぷんです!
f0182173_9162748.jpg
「イヴニング・ランド」なのですが、このワインはブルゴーニュの
ブドウを使って造られています!・・・。開けてスグでは、ちょっと
硬い感じがありましたが、少し経つとフレッシュで華やかな香り
が広がって来ました~。色は薄いですが素晴しく芳醇な香りが
します。イチゴや日本のサクランボのような果実感と森林浴の
ような複雑さに、ほんのりとオークのニュアンスがあり、とても
素晴しいです~~。 僕達が好きな薄旨系ピノでした~!!

こんなに素晴しいワインが、2千円台後半!! 素晴しき安旨
なワインでした~!!! 僕達「安旨ワイン探検隊」のお薦め
度は、120%ですっ!! ぜひお試しください。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-07-19 05:15 | お店のご案内

<< 今年も、EVカーレンタルが始ま... 梅雨中のミーティング~・・・。 >>