大キレットツアー!!(その②)

暴風雨で全身ズブ濡れになって、死にそうになっていた昨日・・・。
強風で小屋の窓ガラスがビュービュー&ガタガタなっていた・・・。

そして次の日、朝起きて見たら・・・・・、、、、
f0182173_21505445.jpg
無情にも真っ白なホワイトアウト状態であった!・・・。そして風も
けっこう強くて、相変わらずビュービューと音を立てていた!・・・。

朝ご飯を食べながら小屋の中のテレビとネットの天気予報を見て
これからどうするか?!と作戦会議をしたのだが、この南岳から
帰るのは、どの道を通っても過酷なのだ・・・。僕は雨雲レーダー
の映像を見て、今日は晴れると思っていたので、朝だけは白くて
ホワイトアウトでも少しずつ回復に向かうという事を祈って、霧の
中、大キレット通過を決行したのであった!!・・・・。

f0182173_21511191.jpg
南岳小屋をスタートしてスグに、大キレットが始まった!!・・・。
朝6時はまだ風が強くて岩も濡れていたので、一歩一歩慎重に
進んで行った。 ツルッと滑るだけで、命はないのである!!
まあ、岩が濡れているのはしょうがないのだが、風が強いのが
行く手を阻む最大の敵であった・・・。

f0182173_2151573.jpg
何も見えないホワイトアウトの霧の中を1時間弱進んで行ったら、
雲が流れて、いきなり目の前に「北穂高岳」が現れた~!!!
キタァ==!!
風が強いので、本当に急にドオオォォ~~ん!と景色が見えて
ビックリしたぐらいであった!!・・・・。 左側の中央ドームまで
見えて、素晴しい程の岩稜で!、感動的なぐらいであった!!

f0182173_21542661.jpg
そこからは、素晴し過ぎる!山岳景色のオンパレードぉ!!!
そして、切り立って聳える大キレットの高度感が最高ですっ!!
スプリングバンクNのバックには、今まで歩いて来た大キレット
ルートの稜線が見えて、あんなルートを歩いていたんだ~!と
思わず感動せずにはいられなかったのであった~~。

f0182173_2155121.jpg
そして、「長谷川ピーク」と呼ばれる岩稜を越えて行くNであった。
両側がスッパリと切れ落ちている、高度感満点の岩の稜線を
ドンドン歩いて行くのが、とても楽しいらしい!!・・・。

f0182173_21515493.jpg
通常の登山道とは言え、この大キレットルートは一歩か一手、
どちらも滑ったら一巻の終わりである・・・。この緊張感なのか、
この命がけのアスレチックのような岩登りが、なぜか!楽しい
らしいのだ・・・。こんなルートなので、時々ヒヤッとしてしまう・・・。

f0182173_21515336.jpg
90°の岩壁のクサリ場も越えて行く箇所も何か所かあった・・・。

f0182173_21521577.jpg
そして!、「飛騨泣き」と呼ばれる難所のド真ん中に!、こんな
歩道?というか、「テラス」があったのであった~!! ここで、
足を出して座り、ちょっと休憩~・・・。バックには笠ヶ岳も見えて
正面には北穂高岳の岩峰の圧倒的な威圧感!!、素晴しい
テラスなのであった・・・・。

f0182173_21521758.jpg
そして!、最後のザレた長い九十九折りを、息を切らせながら
登って行き、やっと北穂高小屋が見えて来た!!・・・。
ヤッタ!!!
スプリングバンクNの、長い間の念願であった「大キレット」が!、
ついに叶ってしまうのであった~!!

f0182173_2152398.jpg
そして、北穂高小屋に到着だ!! 「大キレット」ルートが完登
となり、ついに!、ミッション完了してしまったのであった~!!

この夢が叶ってしまう瞬間と言うのは、とても微妙な気分なのだ。
長い間かかって成し遂げた「夢」は、叶う直前は「このままでいて
欲しい・・・」、とか、「もう少しだけこの瞬間が伸びて欲しい!・・・」
とか思ってしまうのである。 本当に夢は儚いものである・・・。


f0182173_21523713.jpg
北穂小屋でゆっくり休憩を取り、コーヒーやチョコレートなどで
カロリー補給をした後は、北穂高岳の山頂に登頂した。しかし、
なぜか、またこの時だけ北穂高岳の山頂だけが雲に覆われて
槍ヶ岳や、今まで通ってきた大キレットルートが山頂から見えな
かったのであった・・・・。 (あぁ~~、ちょっと残念~~。)

かくして、「大キレット」ルートを通過するというミッションは完了!
雨と強風と霧の中、南岳小屋から突っ込んで今回は正解だった
のであった~! 素晴しい景色も見ることが出来て、大成功の
「大キレット」となったのであった~!!!


しかし、まだ北穂高岳山頂・・・・。ここから今日中に帰り着かないと
明日、「カフェ・スプリングバンク」が営業出来ないのである!・・・。
なので、まだここからの「決死の脱出行」があるのだった!!!
なので、もう少し(その③)へ続く!!!・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-07-28 06:50 | アウトドア

<< 大キレットツアー!!(その③) カフェ・スプリングバンクの鈴鹿... >>