ワイン 326

日に日に秋深まる乗鞍高原の、静かな秋の夜長に
また「安旨ワイン探検隊」が、素晴しきミッションを
遂行していきました~~。

今回のワイン「ラ・グランジュ・ヌーヴ・ド・フィジャック」2008年です!
f0182173_14582159.jpg
このワインは、フランスはボルドーの右岸の「サンテミリオン」村
の第一級ワイン「シャトー・フジャック」のセカンドワインです!!

「シャトー・フィジャック」は、サンテミリオンの最高級ワインである
「シャトー・シュヴァル・ブラン」に隣接している畑で造られています。
以前は「シュヴァル・ブラン」もこの「フィジャック」の畑の一部だった
歴史があるのです!! 面積40haの砂利まじりのブドウ畑から、
サンテミリオン村ながら、カベルネ・ソーヴィニヨン35%、カベルネ・
フラン35%、メルロー30%で造られます。

「シャトー・フジャック」の歴史は、2世紀からこの地は「フィジャック」
と呼ばれているようです。そして17世紀頃からブドウが栽培されて
いたようです。その後、1891年にこの地を購入したマノンクール家は
現在の名声を得る程素晴しいワインを造ってきたのです。戦後には
「ティエリー・マノンクール」さんのの厳しい管理の下でさらに評価は
上がり、マノンクールの娘婿である「エリック・ダラモン」さんの手腕で
ブドウ栽培とワイン醸造は完全なモノになっていきました~。

ブドウは全て手摘みで行われ、2回の厳しい選果がなされます。除梗
をして、オーク製のタンクで約4日間の低温マセレーションを行います。
その後にアルコール発酵をして、このセカンドワインではタンクのまま
マロラクティック発酵を行います。(シャトー・フィジャックは新樽に入れ
変えられてMFL発酵です) そして、18ヵ月の樽熟成です。


サンテミリオンの最高級ワインである「シャトー・フィジャック」のセカンド
ワイン!! しかも!ファーストよりも本数が少ないと言う!希少品!
こんなワインが3千円程であったのですっ!! この素晴しき機会を
僕達「安旨ワイン探検隊」は見逃しませんっ!! オ~プンです~。
f0182173_14574476.jpg
このワイン、開けてスグから素晴しい香りがグラスいっぱいに広がって
いきます!! ローストしたコーヒー、樹木浴や森林浴?!、漢方薬、
ミックスナッツなどの香りのオンパレードです!! そこへ、カシスの
ような果実感もあり、メッチャメチャ美味しいです!!でも、味わいは
少し薄いような感じで、その辺りはさすがにセカンドワインなのかな~
と思いました。

でも、コレで3千円!! 恐るべし安旨ボルドーだと思いますっ!!
これは絶対に「買い」ですね~!! 3千円台で見つけたら、ぜひ
お試しください~~。 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-10-11 04:57 | お店のご案内

<< SO君の、唐松岳登山~。 皆既月食 >>