ワイン 327

3連休も過ぎて、とても静かになった乗鞍高原・・・・。
紅葉は燃えるようなピークを迎えています~!!
そんな紅葉を愉しみながらのワイン飲みました・・・。

「ムルソー、レ・クラ、ジュリエット・シュニュ」1995年です!
f0182173_2023788.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方にある、白ワインの 
最高の銘醸地である「ムルソー」村で造られた、赤ワインの品種
ピノ・ノワールの赤ワインです!! (白ワインはシャルドネ種)

造り手は「ジュリエット・シュニュ(ルイ・シュニュ)」さんです。この
造り手はボーヌに拠点を置くドメーヌで、女性の姉妹でドメーヌを
切り盛りされています。妹のルイさんが、ドメーヌとしてワインを
造っていて、姉のジュリエットさんは、夫である「ブノワ・ブリュオ」
さんと共にクルティエとして2006年から独立して頑張っています。
それまではジュリエット・シュニュさんは、ローヌ地方でワイン造り
をしたり、インターローヌ(輸出振興協会)に勤務したり、他の会社
の部長を務めるなど活躍し、その間ローヌに幅広い人脈を築いて
きました。そして現在は夫と一緒にクルティエ(ブローカー)として
活躍されています。そして、クルティエをしている中でも特に良い
ワインだけを自分の名前のブランド「ジュリエット・シュニュ」として
ボトリングしているのです!!

しかも、この「ムルソー」の赤は「ジュリエット・シュニュ」セレクション
のモノ! 白ワインの最高の土地である「ムルソー」1級と言えば、
「レ・クラ」と「レ・カイユレ」。その中でも畑名に「レ・クラ」がつく畑は、
ミネラル感たっぷりのワインができると言われています。新樽比率
約20%で12ヶ月間樽熟成らしいです。


と、こんな1級畑の赤ワインなのですが、クルティエものなので、
価格は3千円後半と、素晴しいコスパですっ!!これを、僕たち
「安旨ワイン探検隊」が見逃しはしませんっ!! オ~プンです~。
f0182173_2024716.jpg
このワイン、開けてグラスに注ぐと、色が少し煉瓦のようは茶色を
しています! 香りも複雑で、枯れた薔薇(?)、漢方薬や腐葉土
のような香りで、奥の方にプルーンのような果実感があります・・・。
味わいは滑らかで酸味もあまり無くスムーズです。 11年も経って
いるので、少しピークを過ぎた感じがありました。


少し古酒のような味わいで、これで3千円台!かなりお薦めです!
秋にピッタリなワインだと思いました~~。美味しかったです!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-10-19 05:00 | お店のご案内

<< 「祠峠」の歴史探索ツアー!! 朝練再開のクライミングぅ~~。 >>