「祠峠」の歴史探索ツアー!!

今回はまた、かなり久しぶりとなった「歴史探索ツアー」!・・・。
乗鞍高原近辺の、忘れ去られようとしている「歴史の史跡」を
探索→紹介しようというものです・・・・。
超久しぶりとなった今回の歴史探索ツアーは、ここ乗鞍高原の
歴史探索の大本命である「鎌倉街道」の続き、「祠峠」です!!

「歴史探索ツアー」とは、地図に載ってはいるが山の奥深くで、
道はすでに廃道となって、入る人もいなくなって、ターゲットが
存在するのかどうかも分からない・・・。そんな乗鞍高原周辺の
気になる「歴史の史跡」を探索しようというものです・・・・。


10月某日、以前より気になっていた「祠峠(ほこらとうげ)」へと
行くチャンスが巡って来たのでした~!! 「祠峠」は、乗鞍の
一部の人々が昔住んでいた所であり、隣の奈川地区との間を
結ぶ重要な道だったのです。
f0182173_22225670.jpg
今回のツアーは地元安曇地域の方々主催のトレッキングツアー
に参加して行きました。朝、県道沿いの集合場所からスタートです。
まずは、乗鞍の歴史に詳しい先輩から、旧集落や昔の暮らしぶり
について、説明がありました。

f0182173_22231133.jpg
前川を渡り、山の斜面を進みます・・・。今も電力関係の管理用の道
として利用されているらしく、歩きやすい道となっていました。前回の
ような薮漕ぎを覚悟して行ったので、安心しました・・・・。

f0182173_22232812.jpg
約1時間ちょっとで、「祠峠」に到着です。完全な山の稜線を乗越す
場所・・・だと思っていたので、想像していた場所とは違いました。
長い長い時を経て朽ち果てそうになっていても、鳥居がちゃんと
あって、神聖な場所だった雰囲気が残っています。

f0182173_2223436.jpg
そして、ここにもアノ伝説にまつわるモノがありました!!~。
この石碑には・・・
f0182173_22235643.jpg
「秀綱蚕神」と掘られています。これは、この安曇地区に長く伝わる
伝説、「三木秀綱」を蚕の神様として大切に祀っていた歴史を感じる
場所でした。

f0182173_22241891.jpg
「祠峠」を乗っ越して、地図上の線を越えて「奈川地区」へと進んで
行くと、むか~し昔に今の乗鞍高原の人達が住んでいた集落があり、
住居跡が数件ですがそのまま残っていました・・・。 最初に出てくる
この建物は、「公民館」のようですね。 建物は大きく、住居というよりは
集落の人々が集会していた場所という当時の面影が少しありました・・・。

f0182173_22243417.jpg
コチラの建物の2階は、蚕を飼っていた「養蚕作業場」になっていた
ようです。「秀綱伝説」では、三木秀綱がこの地に逃げて来た時に、
蚕の作業をしている藁などでかくまわれたという伝説が残っているの
ですが、ここではそう遠くない昔まで、養蚕が行われていたのです!
この廃屋の前には、さらに!五右衛門風呂があって、当時の人々の
生活の痕跡を見ることが出来ました!!


そして、祠峠の集落を越えて奈川方面へと下って行くと、僕たちが
この「歴史探索ツアー」の第一回目に行った事のある「秀綱神社」
へと辿り着いたのでした~!! 今回のこれでやっと、いにしえの
古道、「鎌倉街道」が繋がったのでした~!!・・・・。
f0182173_22245134.jpg
この「秀綱神社」は、奈川地区のダムの向こう側に朽ち果てそうに
ひっそりと佇んで建っています。三木秀綱が最後に自決した場所
のようで、その場所に鎮魂としてこの神社が祀られたようです・・・。
その後は、この土地ではなぜか養蚕がとても上手くいったという
伝説なのです・・・。秀綱伝説の事は、この秀綱神社の事を含めて
「歴史探索ツアーその①」に詳しく書いていますので、その記事を
見て下さい~。→「秀綱伝説

f0182173_2225391.jpg
前回ここに来た時は見ることが出来なかった神社の「拝殿」を、
今回は役場の人や地元の役員さんも一緒だったので、開けて
見せてくれました~!! 中には、僕たちの興味をそそる謎が!
い~っぱいありました!!

f0182173_16365422.jpg
「謎!その①」=ゾウの彫り物・・・。
この「秀綱神社」がいつ頃建立されたモノなのかはハッキリとは
分かりませんが、近年では無い事は確かです・・・。しかし!この
神社の拝殿には、何と!「象」=(鼻の長いゾウさん)の彫刻が
あるのですっ!! ゾウが日本に初めて来たのはいつ頃なのか
これまた分かりませんが、100年以上前の彫刻師は、なぜ?!
このゾウの彫り物を、この「秀綱神社」の拝殿に彫ったのか?・・・。
地元の人達に聞いても全くわからず、謎なのです・・・。

f0182173_1637892.jpg
「謎!その②」=脇障子の絵柄は誰?!・・・。
これもハッキリとした事は分かりません。神殿の横を飾っている
脇障子には、左右共に2人が彫られていて、ちゃんと色が塗られて
いました。これは想像ですが、秀綱が高山から山を越えて逃げて
きて奥方とバラバラになって2人共殺されて会う事が出来なかった
事が、この絵柄で表されているのではないか?と想像しました・・・。
しかし、絵柄はとても中国っぽくて、誰も知らず資料も無くて・・・、
未だに謎のようです・・・。


と、今回の「歴史探索ツアー」は、またまた素晴しい成果を上げる
事ができました~!! 「鎌倉街道」がまた繋がった事は大きな
成果でありましたし、「秀綱伝説」も一回目では見れなかった拝殿
を見せて頂く事が出来ました。しかし、また謎が謎を呼んできて
謎が深まった事もまたありました・・・。 

これからも「歴史探索ツアー」では、乗鞍高原周辺の伝説や謎!、
そして史跡の探索→発掘→このブログでみなさんにお伝えして
いこうと思いますので、これからもよろしくお願いします~~。
そして「カフェ・スプリングバンク」へご来店下さい~。これらの
歴史探索の話も聞きに来て下さい。お待ちしています~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-10-20 08:00 | 趣味の部屋

<< 乗鞍の紅葉情報&リスの運動会~。 ワイン 327 >>