ワイン 331

この3連休は快晴でポカポカ陽気になった乗鞍高原~。
青空から降り注ぐ陽射しがとても気持ちイイ週末でした。
そんな中でも、僕たち「安旨ワイン探検隊」はちゃんと
ミッションを遂行するのでありました~・・・。

今回のワイン「コトー・ブルギニョン、メゾン・ルロワ」2011年です!!
f0182173_2072043.jpg
このワインは、フランスはブルゴーニュ地方で、2011年に新しく
認められたアペラシオンの、「コトー・ブルギニョン」という地区で
造られたワインです~。

造り手は、泣く子も黙る!(と言われている)「メゾン・ルロワ」です!!
「メゾン・ルロワ」は1868年からネゴシアンとして創業している老舗の
メゾンです。 そして「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ」の株式の50%を
所得している共同経営者でもあります!! そして現在の当主である
「ラルー・ビーズ・ルロワ」さんが1988年にドメーヌを立ちあげてからは
常に最高のワインしか取り扱わない程の完全主義なドメーヌとなって
いて、父から受け継いだサンヴィヴァンやリシュブールなどの特級畑
から珠玉のような完璧な程素晴しいワインを造っています!!まさに
ブルゴーニュの頂点に立つドメーヌですっ!!

「ラルー・ビーズ・ルロワ」女史のワイン造りは、これもまさに完璧主義!
奇才「ニコラ・ジョリィー」さんの元で修行して、当時のブルゴーニュでも
ほとんど見られなかった「ビオディナミ(有機栽培)」によるブドウ栽培を
して、驚く程の低収量を貫いています。また、彼女は天才的なワインの
テイスティング能力の持ち主と言われていて、厳しい品質管理のもとで
造られるワインは、他に類を見ないブルゴーニュワインとなっているの
です!! 「メゾン」モノのワインは、契約農家にブドウを栽培して貰い
そこから供給されるブドウで造ったワインです。でも「ルロワ」を名乗る
ためには非常に厳しいブドウ栽培をクリアしなければならないらしい
です!! やはり「ルロワ」のワインは特別なのです!!・・・。


「ルロワ」のワインは、「ドメーヌ」なら通常の村名クラスでも10万円!!
「メゾン」でも3万円ぐらいはします!! 非常に高額なのですが、この
「コトー・ブルギニョン」は現在一番安いので2千円台前半なのです!!
これを僕たち「安旨ワイン探検隊」が見逃すハズはありません~。
今回のミッションへ!、いざっ、突入です~~。オ~プン~~。
f0182173_2062997.jpg
このワイン、開けてスグはちょっと硬い感じがしていましたが、少し
時間が経つと良い香りが広がって来ました~。濃いラズベリー系の
果実感の中に土のような複雑さがあります。味わいも若いワインの
強い酸味は全く無く滑らかです!こんなに安くて若いワインなのに
良くまとまっていて美味しいです~!! 飲み飽きない、バランスの
良いピノ・ノワールでした。


いつかはドメーヌ・ルロワ・・・、夢見てます・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-25 06:05 | お店のご案内

<< またまた、おニューのギア、ゲッ... さとやまエネルギーの間伐作業~。 >>