今シーズン2回目の立山BCスキー!!

ここ数年行けていなかった「立山初滑りBCスキー」に、
今シーズンは行く事が出来てとても良かったのだが・・・、
その時は快晴の青空にはならなかったので、もう一度
「紺碧の青空に真っ白な山々!」というコンディションを
狙って、天気予報をチェックして!、この初滑りシーズン
2度目の立山へ滑りに行ってみたのであった!!・・・。


f0182173_21403690.jpg
今回はちょっとトラブルがあったのだが、ギリギリ何とか
それをクリアし、早朝から乗鞍を出発して立山へと走って
行ったのであった・・・。富山市内からは快晴の青空の中
「剱岳」の雄姿が大きく見えていた!! なので、今日は
バッチリ「青い空に白い雪山」という絵が期待出来る!!
この時はそう思っていたのであった・・・・。

f0182173_21403311.jpg
が、しかし?!・・・
立山駅からケーブルカーとバスを乗り継いで、室堂に到着
すると・・・・、そこは真っ白なガスガスの世界になっていた
のであった・・・・。 先週と同じパターンなのであった・・・・。
この真っ白コンディションは、一体誰のせいなのだ?!?!


今回のパートナーは、急遽というか予定通りというか、乗鞍
ローカルのAK君です。 彼も快晴の青空の立山を期待して
いたのだが、ガスガスで真っ白な立山を前にして、あんなに
はしゃいでいたのにモチベーションは低下・・・・。


f0182173_2140579.jpg
しかし、そうは言ってもここまで来たのにスキーをしないのは
ありえない!、、なので、ガスの切れ間を狙って1本だけでも
滑ろう!と言う事で、いつも通り用意をして真っ白いガスの中
ハイクアップしていったのであった・・・・。

(この後、今回2度目のアクシデントが発生・・・・。でも詳しい
事はここでは書くことは出来ません~・・・。)

f0182173_21405760.jpg
長いウェイティングの後、やっと少しガスが切れてきた瞬間を
狙ってドロップ・イン~!! AK君の今シーズン初滑降だ!!
こんな霧のコンディションでも「初滑り」はスキーヤーにとっては
何とも嬉しいものなのだ。 

雪質はこの暖かさなので乗鞍ローカルな僕たちにすればとても
重い感じだったのだが、何とかそこは技術でカバー!(?)・・・。
重パウの雪を堪能していったのだった~!!


f0182173_21413394.jpg
そして、その後は先週と同じように時間の許す限り、登り返し
合戦が続いたのであった・・・。時間と言うか、モチベーションと
言うのか?・・・、初滑りにも関わらず、すでにいつもの僕たちの
耐久スキーツアーとなりそうな感じであった・・・。

f0182173_21412672.jpg
ドロップ・ポイントに到着して、ガスが晴れてくるのをウェイティング
するというルーティンを繰り返す・・・。そして、本当に一瞬のガスの
切れ間を狙って、僕もドロップ・インしていった。 ピーク・トゥ・ボトム
を信条にしている僕は、僅かなチャンスも逃さず一気に滑り下りて
いったのであった~!!・・・。

f0182173_21414726.jpg
この日3本目のAK君のライディングだ!! 自然地形が大好きな
彼は、バンクに当て込みも魅せてくれた~!! さすがです~~。

という事で、ガスで真っ白にも関わらず、数々のアクシデントを乗り
越えて・・・、この日も計3本の滑走を、室堂周辺の斜面で頑張った
のであった・・・。 


f0182173_21414432.jpg
ラストショットは、なぜかAK君と一緒の写真ではなかった・・・・。
偶然!3本目を同じラインで滑ろうとしていた団体ツアーがあり
良く見ると、白馬の超有名ガイドカンパニー「カラー・スポーツ」の
舎川朋弘さんだったのであった!! 一緒のラインを滑ったので、
ミーハーにも、一緒に写真を撮って頂いたのであった・・・。

2回目の立山も、いろんなアクシデントがあったのだが、何とか
乗り越えられて、生きて帰る事が出来たのであった~。これを
教訓にして、今シーズンもなるべく安全にBCスキーを楽しんで
いきたいと胸に刻み込んだのであった・・・・。





そして、エキストラショット!!
f0182173_2142527.jpg
立山に十数年通っていて、初めて「りんどうテラス」に入店!!
しかも!生ビールを頂いて帰りました~~。あぁ、贅沢・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-11-30 07:39 | アウトドア

<< ワイン 332 信州登山案内人のガイド講習。 >>