八ヶ岳、裏同心アイスクライミング~!!

先週は、雪の女神様が大寒波&吹雪を連れて来てくれて、
一気に積雪して乗鞍高原を真っ白に染め上げてくれたので
あった・・・。 やはり僕の雪への愛情を分かってくれていた
のだろうか?!・・・。(えぇっ、違う??)

そんな大雪の中、またまた1本の連絡がガイドのNJさんから
入って「アイスクライミングをしに、山に入ろう!!」という・・・。
その某日は大雪の悪天候だったので、僕は山スキーにイケ
なくて「どうしようもないかぁ」と、不貞腐れていたので、そんな
素敵な誘いに乗って、また山へ入って行ったのであった~!!

今回雪の中に向かった先は、アイスクライミングのメッカ!!
八ヶ岳、赤岳鉱泉~裏同心ルンセ」です~!!
f0182173_10285012.jpg
雪の降りしきる乗鞍高原を、まだ真っ暗な早朝4:00出発・・・。
雪の道路をドリフトでカッ飛ばして松本市内でNJさんと合流。
一路、八ヶ岳の麓の「美濃戸、登山口」へ走っていった・・・。

まだ薄暗い中、美濃戸口に到着。ここからアイスクライミング
ギアをバックパックに詰めて、雪の登山道を「赤岳鉱泉」へと
歩いて行ったのであった。

f0182173_10283743.jpg
歩き始めはサラサラの雪をフカフカと気持ち良く歩いて行った
のだが、やはりというか当然と言うか、山奥へ入って行くごとに
雪はドンドン深くなっていき、その中に岩や氷った箇所なども
あってバランスがとりづらく、とても歩きにくい道になっていった
のである。 しかも結構な登りなので、マイナス気温でも汗ダク
になってしまったのだった・・・。熱いやら、寒いやら、体温調節
がとても忙しい・・・。

f0182173_1029690.jpg
それでも登山口の「美濃戸口」から歩き始めて約1時間半程で
この、アイスクライミングのメッカである「赤岳鉱泉」に到着した。
左手に見えるのは、人工的に造られたアイスクライミング用の
氷のゲレンデ、その名も「アイスキャンディー」だ!! アイス
クライミングを楽しみたい&練習したいという人達は、みんな
ここへ来るらしい。

f0182173_10285276.jpg
「赤岳鉱泉」の山小屋の中は、とても暖かくて快適そうであった。
外の「アイスキャンディー」用にレンタルのアイスアックスなども
あったり、食事のメニューも5種類ものカレーがあったりと、とても
充実して素晴しい小屋なのであった~。

ここで装備をアイスクライミング用に、ハーネスやアイスアックス、
アイススクリューやカラビナなどを用意して、いざっ「裏同心」と
言うルートへトライだぁ~~。

f0182173_10292651.jpg
「赤岳鉱泉」小屋の裏手を少し登って行くと、「裏同心ルンゼ」の
凍った滝群が見えて来たのであった~!! ここが最初の滝の
F1である。ここをを登って行くのだ。 この辺りまで来ると標高が
上がったせいなのか気温がかなり下って来ていて、休憩などで
止まると汗で濡れたインナーのせいで、一気に極寒になってしまう
のであった・・・。たぶんマイナス10℃以下だったとと思う!吹雪は
相変わらずで、辺りは真っ白!!・・・。 しかし、それでも僕達は
止まらない、止められないのであった~。

f0182173_10291531.jpg
もちろん、最初はガイドのNJさんのアイスクライミングだ!!
氷にアイスアックスを打ち込む洗練された無駄の無い動きは
素早く確実で、優雅でさえあった!!

f0182173_10294415.jpg
そして、ランニングビレイで、このルートにある大小いくつもの
凍った滝を、どんどんと越えて行ったのである・・・。 

今回はシーズン始めなので、この辺りのルンゼや滝の氷具合
がどうなっているのかという偵察ミッションも兼ねていたので、
NJさんはいろんな事をチェックしながら僕をフォローしてくれて
余裕のクライミングなのであった。

f0182173_1030068.jpg
そして、フォローする僕のクライミングだ・・・。今シーズン初めて
だったので、もうヨレヨレのアイスクライミングなのであった・・・。
極寒の気温に吹雪いてくる雪チリが顔に当ってとても痛かったり
手足の先が冷たくジンジンなってきたりと、まだ全く身体が寒さに
なれていないのであった・・・。

f0182173_10302672.jpg
それでも、せっかくここまで来たので、少しリードもさせて頂いた。
慎重にアックスを打ち込み、アイゼンを蹴り込んで、ヨレヨレでも
何とか頑張って、楽しみながら登って行ったのだった・・・。


f0182173_10301786.jpg
凍った滝と滝の間の胸まで来るラッセル登攀もこなしたりでは
あったが、何とか数ピッチ登り切り、このルートの終了点である
「大同心」という大岩まで登ってこれたのであった~!! 

この終了点である尾根で12:00ジャスト。 強風と吹雪の中の
初めてのアイスクライミングだったので、どれぐらい僕が出来た
のかは分からないが、F1からF6まで越えてここまで来れた事が
素直に嬉しかったのであった・・・・。


f0182173_10304384.jpg
帰りは尾根伝いに、木も岩も真っ白に雪に埋もれた超急坂の
登山道を下って行ったのであった。色彩も雑音も無い、本当に
モノトーンな世界に、風と自分達の足音だけが響いていた。


f0182173_10302914.jpg
今回は、僕が初めて来た冬の八ヶ岳、
しかも、今シーズン初めてのアイスクライミング、
そして、僕がスキーで下らない初めての冬山かも知れない?!
のであった・・・。そういういろんな意味でも、今回の八ヶ岳での
アイスクライミングは、僕にとって非常に良い経験になったので
あった。 この経験を生かして、今シーズンも山スキーに没頭
して行きたいと思うのであった~~!!



(NJさん、いつもありがとうございます~。今冬シーズンもまた
 よろしくお願いします~~。ブログからも御礼申し上げます~)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2014-12-08 06:27 | アウトドア

<< Mt.乗鞍スキー場、ゲレンデ情... ワイン 333 >>