冬の三本滝へ

乗鞍高原の観光名所「三本滝」。冬は雪に閉ざされた空間となります。
今年もシーズン中に1回は行ってみよう!ということで、行ってきました~。
f0182173_2171843.jpg
今回はテレマーカー3人組で行ってきました~。
三本滝レストハウスまでは、いつもの板と靴で行き、ここで持参した
スノーシューに履き変えます~。テレマークのブーツは、アルペンの
靴のように硬くないので、歩きやすく、スノーシューをそのまま履ける
ので、とても便利なのです。いざ、出発です!

f0182173_2173199.jpg
ゲレンデの兎待ちコースを進んだら、夏道と同様に森の中に入ります。
気持ちの良い空間が続き、場所によって変わる色んな雪質の感触を
楽しみながら進みます。

f0182173_2174591.jpg
この手前にある吊り橋は、こんな風になっています。降雪量が多い
今シーズンは、特にモリモリと雪を乗せていました! スゴイです!
ここを通過する時が一番気を遣います。

f0182173_218020.jpg
万が一、下流側に転落すれば、こんな所に落ちてしまうのです。
神秘的な火口湖のような滝壷が待っています・・・。

f0182173_2181872.jpg
そして、いよいよ三本滝に到着です~!!!
夏と同じく、「クロイ沢」の下から眺めを楽しみました~~。天候や
積雪量により、いつも違う表情を見せてくれる冬の滝ですが、今回は
このところの厳しい冷え込みで凍りつつも、水の流れの美しさも残した
イイ感じでした。青い空が一段と引き立ててくれました。

f0182173_2183188.jpg
コチラは真ん中の「本沢」。 一度は全面が凍ったのかもしれませんが、
中央部分が落ちてしまったような感じでした。でも、それが氷のブルーと、
針のように尖った1本1本の輝きを一層美しく魅せてくれているようでした!

f0182173_2184368.jpg
左手に見える「無名沢」。この滝だけは冬の方が存在感を発揮すると
思います~。 中央に細い川のように流れを残しつつも、下の氷柱は
見事な出来栄え。長く伸びた先は、地面に積もった雪と繋がっている
ようです。

こうして今年も迫力ある冬の三本滝の風景を楽しむことができました。
これを眺めながらのコーヒーとおやつは、最高のブレイクタイムです。
乗鞍高原に滞在すれば、ゲレンデスキーだけでなく、こんな氷瀑見学も
素敵な体験として、楽しむことができます。

冬は、コースを案内する看板などが雪に埋もれていますし、夏に行った
ことがある方でも、一面の雪に覆われた山の中で、迷うこともあります。
そんな時サポートしてくれるのが、地元のガイドさん「ODSS」
スノーシューのレンタルはもちろん、履き方のレクチャー、現地への案内、
冬の森の遊び方、色々な要望に応えてくれる頼もしいスタッフ達が待って
いますよ~~。 ぜひ一度こんな自然見学ツアー、体験して見て下さい~。
その後は、「カフェ・スプリングバンク」へのご来店、お待ちしています~。
よろしくお願いします~~>

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-01-30 08:19 | 山の風景

<< 朝焼けの乗鞍バックカントリース... 西穂高BCスキー→完璧な敗退~。 >>