輝山バックカントリースキー!!

今週の「カフェ・スプリングバンク」の定休日である木曜日も
「雪」の天気予報が出ていた・・・。 悪いデス・スパイラルに
巻き込まれているかのようだ!・・・。 何が悪いのだ?!・・・。

天気だけはしょうがないのだが、毎週ゲレンデスキーでは
ツマラナイので、ちょっとでも山登ってパウダーを喰らって
やろう!と思い、天気が悪くても行ける某裏乗鞍地域へと
向かったのであった・・・。

なので、朝イチから安房トンネルを越えて行ったら・・・、
何と!!!、
なぜか岐阜県側は青空が広がっていたのであった~!!!

f0182173_19115084.jpg
やはり「求めるなら動け!」という事なのだろうか?!これは
思ったよりも山に登れそうだ!という事で、予定を変更して、
「輝山」のスッパリと切れ落ちたドデカイ南斜面を狙おう!!
という事で、ターゲットを「輝山」へロック・オン!!、急いで
用意をして、乗鞍スカイライン入口から登攀スタートだ~~。

今回のパートナーは、乗鞍のテレマーカー集団「テレのり」の
テル先生だ!! 今回もツワモノのパートナーなので、僕は
気合い十分で輝山、の南斜面へ挑む気持ちでドキドキしな
がら登って行ったのであった~・・・。

f0182173_19115194.jpg
林道から樹林帯を抜けて、送電線の鉄塔から上のメロゥな
雪の斜面をシールで登って行く・・・。少しばかりアクシデント
があったのだが、そこはご愛嬌で、何とか切り抜けて行った。
ここの斜面もパウダーなら素晴しいスキーが楽しめるコース
なのである。

f0182173_1911591.jpg
上記の画像の斜面を登り切ると、狭い尾根を登って行く事に
なる・・・。この時の足元の雪はサラサラのパウダーだった!!
そして空は青空が少し広がってきているような感じだ!!・・・。
これは!もしかしたら最高のライディングが楽しめるかも~!
とか思いながら、焦る気持ちを抑えながら登って行ったので
あった~!!・・・。

f0182173_1912296.jpg
尾根を登り詰めると、ついに!! この日のターゲットである
輝山・南斜面が見えて来たのだった!! こんなアラスカの
ような巨大なシュート的な斜面が目の前に出てくれば、これは
否が応でも気持ちは高まり過ぎてしまう!!!

僕は10年程前に一度この斜面へ挑戦しに「輝山」に来ていた。
その時は雪の状態があまりにも不安定だったので、登って来た
ルートで引き返していたのである。しかし今回はイケそうだ!!
高まる気持ちをテル先生に悟られないように抑えるのがタイヘン
だったのであった~・・・。

f0182173_19122212.jpg
そして、スタートしてから2時間とちょっとで、2063m「輝山」の
山頂に登頂成功したのであった~~。この小さな看板、いつも
探すのが難しい?・・・。

f0182173_19122743.jpg
登って来た南側から山頂を乗っ越すと、北側には穂高連峰まで
ドッカァァ~~~ンと全て見ることが出来たのであった~!!!
輝山・山頂から穂高連峰が見えてご満悦のテル先生であった・・・。

f0182173_19124046.jpg
穂高連峰をアップにすると、こんな感じ。 いつもと見る角度が
違うだけで、同じ山なのに山の景色は違って見えるので、とても
面白い。 一番左には「槍ヶ岳」も黒い点のように見えていた・・・。

f0182173_19124321.jpg
西側には「白山」の山の連なりが青い空に浮かんで見えていた~!
コチラは、雲ひとつない素晴しい景色だったのである!!



そして!!、ここからが僕たちバックカントリースキーヤーの
本番である、輝山・南斜面のスキー滑降が始まった~!!
f0182173_1913468.jpg
まずは、テル先生のドロップイン!!
白山連峰をバックに、この輝山のアラスカのシュートのような斜面に
大きなテレマークターンを刻んで行ったのであった!!
f0182173_19131257.jpg
しかし!、この斜面はすでに陽が当っていて超クラスト&モナカの
メッチャ難しい雪質のバーンになっていて、1ターンした後はかなり
苦しんだライディングになっていた!!しかし、それでもテル先生の
テレマーク・ライディングは全く揺るがないっ!! このスティープな
斜面の上から下まで、この画像のような最高のライディングを魅せて
くれました~!!


f0182173_19132128.jpg
そして、テル先生の後に、気合い入れまくりで僕がドロップイン!!
しかし、テル先生がクラスト&モナカ雪で苦しんでいるライディング
を見ていたので、ちょっと消極的なライディングになってしまった・・・。
f0182173_19134191.jpg
中間のスティープなセクションで今シーズン初の1アウトしてしまったが、
その後は何とかこなして、「輝山・南斜面」を滑り切る事が出来たので
あった~!! ボトムまで辿り着いた時には、アドレナリンいっぱいで
達成感に包まれていたのであった~。


f0182173_1914411.jpg
「輝山・南斜面」を滑り切った後、斜面のボトムから深い沢を歩いて
乗鞍スカイラインの林道まで帰って来るのが、タイヘンでした~・・・。
長い長いトラバースがず~っと続いて、フトモモさんがお亡くなりに
なってしまったのであった・・・・。


今回、テル先生の協力で、念願であった「輝山・南斜面」のスキー滑降
が成功したのであったが、超クラスト&モナカの難し過ぎる雪質だった
ので、ライディング自体は気持ち良く滑ることができなかったのである。
・・・・・・・・・。 達成感はあるが、なんだか不完全燃焼な感じだった・・・。

帰って来た時刻は11:30。まだ昼前なのであった・・・。輝山を滑ったの
だが、この日はまだパウダーを滑ってはいない!!・・・。なので今度は、
もう1回向かいの日が当っていない北斜面へ行き、今度こそパウダーを
喰らってやろう!と言う事になり、まだまだテル先生とのバックカントリー
スキーは、ダブルヘッダーで続くのであった~!!!
つづく!!
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-02-07 07:09 | 山の風景

<< 裏乗鞍バックカントリースキー~!! 【号外】!広瀬すずちゃんのスキ... >>