幻の滝でファーストアッセントのアイスクライミング!

乗鞍高原の、誰も人も入らないほどの最奥地に・・・、
地元の人達が「幻の滝」と呼んでいる滝がある!・・・。
雪解け水の多い時にしか流れない滝だからだ・・・・。

休暇村の上にある夜泣き峠から奥に続く、「前川林道」という
昔の木材を搬出していた林道があり、その一番奥まで進むと
この幻の滝といわれている「前川本谷の滝」があるのだ!・・・。

f0182173_1346516.jpg
僕は、10年程昔の春の季節に、この滝を訪れた事があった。
一度見に行ったただけで、それからはわざわざあんなに奥地
まで行ってこの滝を見ようとは思わなかった・・・。

が、しかし!!

最近になって、アイスクライミングをやり始めてから、改めて
あの「幻の滝」が冬にどうなっているのかが、気になっていた
のだった・・・。そう、厳冬期には氷瀑になっているハズなので、
1本スラリと伸びたように凍ったこの幻の滝を登れないか?!
と、思い始めていたのだった!!・・・。


f0182173_1347767.jpg
なので今シーズンの始めに、いつもアイスクライミングを教えて
頂いている、ガイドのNJさんにこの話をすると、目をキランっ!
と輝かせて喰いついてきた!! そのうちに「行って見よう!」
という事になり、 1月の某日には2回ものトライをかけてみた
のだった・・・・。

しかし、雪や氷瀑の状況が悪かったりして、ここまで完登する
事は出来ていなかったのだった・・・。

f0182173_13471811.jpg
今週に入ってからマイナス10℃以下の日々が続いていたので、
今回3度目の正直?!という事で、もう一回トライしよう!という
事になり、満を持して、アイスクライミング用のギアを用意して
再びあの最奥地にある「幻の滝」へと向かっていったのだった!

Mt.乗鞍スキー場から、スキーを履いて、メチャ深い新雪の中を
ラッセルしながら「幻の滝」へとアプローチ・・・密になっている林
の中をくぐり抜けて向かっていったのであった・・・。

f0182173_13481084.jpg
膝まで潜る激ラッセルを交代でこなし続けて約1時間半ほど・・・。
やっと!ターゲットである「幻の滝」が見えて来た~!!!


f0182173_13474759.jpg
これが、厳冬期の幻の滝、「前川本谷の滝」だぁ~!!!!
この画像では全く伝わらないが、大きい!!
夏の時にも50mぐらいは高さがあったが、氷瀑になっても
40m程はあった!!! 思わず圧倒されそうだった!・・・。

僕が思っていた通り、夏のスラリとした1本の放射線のような
同じ形でそのまま凍りついていて、相変わらず荘厳な雰囲気を
携えていた!! 周りの丸くえぐられたような滝壺の形すらも
そのままであった!!・・・。 美しくさえあった!!


f0182173_13483189.jpg
ここまでの激ラッセルで汗ダクになりながら辿り着いたのだが、
僕たちの目的である、この「幻の滝」でのファーストアッセントは
ここからが本番だ。雪に埋もれた氷瀑下部をスキーを脱いだら
胸まで埋まりながら最後のアプローチ・・・。

f0182173_13483743.jpg
そしてやっと!、垂直の氷瀑の取り付きにまで着いた~!!
ここでハーネスにロープをセット!、アイゼンをブーツに付け、
クライミング・オンだっ!!!

f0182173_13485068.jpg
やはり、まず最初にガイドのNJさんのリード・クライミングだ~!
しかし・・・・・、、、
気合いは十分で、「ガッツリ登ってやろう!!」という意気込みで
登り始めたのだが、肝心の「幻の滝」の氷の状態は中がスカスカ
になっていて、アックスを打ち込んでも崩れてくる感じなのである!
最初は、サクッと登って「ファースト・アッセント」しちゃおう~~。
と思っていたのだが、氷のコンディションが悪くて、かなり難しい
クライミングになってしまったのであった・・・。

f0182173_13485878.jpg
その後、フォローで僕が登らせて頂いた。 
フォローで登る僕でも氷がスカスカでかなり登るのが難しかった・・・。
氷がスカスカだと、アイススクリュー差してプロテクションを取るのも
かなり怖いのだ。 

f0182173_13491883.jpg
それでも、もう後少しでファースト・アッセントなので、ガイドのNJ
さんが2ピッチ目を登って行く!!氷瀑の上部でも氷の中に水が
流れている状態で薄氷を踏むスリリングなクライミングは続いた!・・・。

f0182173_13493183.jpg
そして、最上部の積雪しているセクションを50cm以上の雪を掘り
進んで行って、ついに!氷瀑の上に立つことが出来たのであった!
ヤリマシタ~!!
3度目の正直で、ファーストアッセントに成功したのであった~!!

イメージしていた通りには行かない難しいクライミングだったが、「初登」
できた嬉しさと、もうこれ以上薄氷を登らなくていい安堵感が、しみじみと
身体のシンから湧き上がって来たのであった~~!!・・・・。


f0182173_1349417.jpg
氷瀑の脇からラペル・ダウンして、1ピッチで一気に下まで下りて
いった・・・。 横から見る「幻の滝」の氷瀑は、光の当たり具合で
とても青く輝いて見えたのであった・・・。

f0182173_13495570.jpg
その後、全てのクライミングギアを撤収して、また再び「前川林道」
を激ラッセルして帰って行ったのだ・・・。

しかし!、前回まではこんなに雪が深く無くて、帰りは下りなので
スキーで滑って帰れたのに、今回は新雪が深すぎて前に進まずに
延々と気の遠くなる程の激膝ラッセルを強いられたのであった・・・。
もう途中からは心が折れてしまい、無意識状態で黙々と激ラッセル
を繰り返して、いつもは30分のところを2時間半もかかって帰った
のであった・・・。改めて、「雪山は難しい」と思わされたのであった~。


*この「乗鞍高原、前川本谷の滝」のアイスクライミング、たぶん
 ファースト・アッセントだとは思いますが、他の人がもうすでに
 やっていた!、とか、もし情報がありましたら、ご連絡下さい~。
 みなさん、よろしくお願いします。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-02-13 10:19 | 山の風景

<< ヴァレンタイン・デイ~。 ワイン 342 >>