白馬・唐松DルンゼBCスキー!!(登攀編)

誰しも皆、それぞれ憧れし山がある!・・・。
誰からも羨望の眼差しで見られる山がある!
そして、
今冬のAM君には、唐松岳Dルンゼ滑降があった!!

f0182173_20381313.jpg
バックカントリースキーを始めて、いろんな山を滑っていくと、
みんな、山スキーヤー達それぞれに憧れのルートがある!
そこは、普通の一般スキーヤーなだけでは辿り着けない程
厳しくも美しいラインなのである!・・・。しかし、自分の技術や
スキルや経験を地道に磨いて、夢を見続け努力していけば、
その憧れのラインをいつか滑ることができると、僕は信じてる。
今回はAM君の、そんな「白馬・唐松岳Dルンゼスキー滑降」
なのであった~~。

(左の尖った山頂の右肩から右下へと流れる急斜面のライン
が、今回滑るDルンゼです。僕は2年前に滑ってます。)

f0182173_20383015.jpg
今回は、最近お付き合い頂いているパートナーのAM君の
憧れを達成すべく、僕は今週のある晴れた某日、一路白馬
へと向かっていったのでした~・・・。朝早くから天気は最高!
僕自身も胸が高鳴る程、良いコンディションだったのですが、
先週の豪雪が雪崩れて事故もあったり・・・なので、車の中で
僕は自分に、「冷静と慎重!」と、繰り返し言い聞かせながら
走って行きました・・・。

f0182173_20383517.jpg
白馬八方尾根スキー場のゲレンデトップから登り始めます~。
天気は風も余り無く、まるで約束されたような最高の快晴!!
1番手は外人グループが凄まじいスピードで登っていったので
僕たちは2番手でサクサク早足に登っていったのでした~。

f0182173_20384189.jpg
北側にはもちろん、白馬三山が素晴らしくキレイに見えました!
これを見にだけでも、登る価値はありそうなぐらいに美しいです。

f0182173_20384719.jpg
南側には、五竜岳~鹿島槍ヶ岳も圧倒的な存在感で、聳えて
います!! そして、たくさんの滑走ラインが想い浮んでしまい
ます・・・。 僕の憧れのラインも遠くに見えてました・・・。

f0182173_20385233.jpg
丸山ケルンに到着です~。ここまでで1時間15分程です!!
かなりのハイペースで来れました~。

f0182173_20385860.jpg
そして、丸山ケルンを越えたところから、やっと今回の滑走ライン
Dルンゼが目の前に見えてきました~!! これを見てしまうと、
もう悪魔に取り付かれたかのように?、滑走意欲を抑えられなく
なるのが分かりますよね~・・・。(えぇ?誰もわからない?!・・・。)
右側へと続いている「不帰の瞼」も、素晴らしく美しい岩峰です!

f0182173_2039398.jpg
そして!、2時間ほどで山荘がある稜線まで到着できました~!
AM君はメッチャ頑張っていました。 ここからは唐松岳山頂まで
あともう少しですっ!! ここからはアイゼンに変えて、スキーを
担いで、山頂へとアタックですっ!!・・・。

f0182173_2039963.jpg
稜線を伝って雪庇を踏み抜かないように注意しながら、一歩一歩
確実に登っていきました~。 バックには山荘も見えますね。

f0182173_20391499.jpg
そして!、ついに!、スターとしてからちょうど2時間30分ほどで、
唐松岳山頂に登頂成功ですぅ~!!
今回もヤリました!!
西側には「剱岳」の雄姿が大きく見えていました~!! 唐松岳
からは八ッ峰の稜線がとても印象的でした~。

唐松岳山頂に登りましたが、僕達の目的はここからDルンゼの
スキー滑降です。なので山頂はまだ道半分なのです! しかも
ここからが危険度倍増の本当の「核心」であります!! なので
また今回も
つづく!!です・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-19 07:37 | アウトドア

<< 白馬・唐松DルンゼBCスキー!... 屋根の雪おろし・・・。 >>