白馬・唐松DルンゼBCスキー!!((滑走編)

白馬・唐松岳Dルンゼ、バックカントリースキー(登攀編)の
続き、(スキー滑走編)です~!!


f0182173_12422868.jpg
唐松岳山頂から見た「剱岳」です!! 素晴らしい眺望でした!!
僕はこれまでに何度も唐松岳に登っていますが、ここまで一度も
こんなに雲の無い快晴で「剱岳」を見たことがありませんでした。
しかし、今回は本当に最高の山岳景色を楽しむ事が出来ました!

f0182173_12424256.jpg
唐松岳山頂からDルンゼのコルへ、ほんの少しだけクライムダウン
です。冬山での行動は、この下りるということが怖いのです・・・。
ドロップ・ポイントに着いたら、今回はピットチェックを行いました~。
雪崩が怖かったので、先日の大雪の降雪がどうなっているのか、
確かめたのです。 約1.5m程のピットですが、弱層は見れません
でした・・・。


そして!!、
ここからが、本当の僕達スキーヤーの挑戦が始まりますっ!!
f0182173_12425332.jpg
今回はもちろん、この唐松Dルンゼのスキー滑走を夢見ていた
AM君のライディングからですっ!! 

目をつぶって、息を吸い込み、感覚を研ぎ澄ます。
これまでの自分のスキーを想い、感覚に集中して、
アルペンちっくな唐松岳の山頂をバックに、勢い良く
ドロップ・イン!!
夢の一瞬へと滑り込んでいきました~~!!!


f0182173_12431241.jpg
そして僕も、AM君の後を追って、滑り込んでいきました!
バックに聳えている「不帰3峰」の岩峰が、素晴らしくカッコ良かった
です~!!
f0182173_12432944.jpg
僕はいつも通り思いっきりスピードに乗せて、いつもの安全第一で
ドッカアァァァ~~~んと、どこまでも滑っていったのでした~~。

f0182173_12434226.jpg
コチラは、「不帰1峰」をバックにライディングをキメるAM君です!
彼は、夢見ていた唐松沢スキー滑降なので、ず~っと「ヤバイ!!」
を連発していました。
f0182173_12441967.jpg
「山の景色がヤバイ!!!」
「どこまでも続くスロープがヤバイ!!!」
「夢が叶ってヤバイ!!!」
「とにかくヤバイ!!!」
これしか口から出てこなかったようですが・・・・、、、
f0182173_12442751.jpg
本当にヤバイ事になっているのは、自分のフトモモだったのです~。
半分ぐらい滑った所で、フトモモさんが疲れてしまったのでした~~。

唐松沢はとくかく広大で、標高差を一気に2000mほども滑るので、
どこまで滑っても、まだまだ沢が続いていて、まだまだ滑らなければ
帰れないのです~。 

f0182173_12435219.jpg
半分よりも下側は標高も低くなってきたせいで、雪も悪くなってきて、
下のほうでは少しストップ雪でスキー板を捉まれたりもしましたが、
頑張って、どこまでも滑ってイッたのでした~~。


f0182173_12443432.jpg
大滝を巻いて回避した後は、先日の超豪雪が全て雪崩れてきたのか?
というぐらいに超巨大なデブリーランドにブチ当たってしまい、デブリを
超えていくのがタイヘンでした・・・。 乳酸の溜まりまくったフトモモには
かなりツラい、巨大デブリーランドでした・・・。

f0182173_12444080.jpg
そして最後は、腐った雪のせいでスキーでもぜんぜん進まない林道を
必死で押して押しまくって、何とか滑って帰って行ったのでした~~。
そして今回も、AM君の夢であった「唐松岳Dルンゼスキー滑降」を成功
させることが出来たのでした~!!


ミッション、コンプリーテッド!!!
ヤリました~!!
かくして今回も、AM君の憧れのルートを滑る事が出来て、夢が現実に
なり、そのままの勢いでどこかへフッ飛んでいったのでした~!!・・・。
夢のDルンゼのラインに自分のシェプールを刻んできたのでした!・・・。
そして僕も、ここまでの全ての時間と技術を一瞬のスキーにつぎ込んで、
また今回も、濃縮された本物の時間を感じられたのでした!!・・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-03-20 07:41 | アウトドア

<< Mt.乗鞍スキー場、ゲレンデ情報~。 白馬・唐松DルンゼBCスキー!... >>