ワイン 360

都会ではもう30℃を越える真夏の暑さになっているようですが、
ここ乗鞍高原は、朝晩はまだかなり肌寒いぐらいの気温です~。
そんな、とっても爽やかな夜に、またワイン飲んじゃいました~。

今回のワインは、
「クロスター・エーバーバッハ、シュペートブルグンダー」2011年です!
f0182173_22353467.jpg
このワインは、ドイツのラインガウ地域にあるアスマンハウゼン村
の、シュペートブグルグンダーという品種で造られたワインです。
この「シュペートブルグンダー」は、ドイツ語でピノ・ノワールの事
なのです・・・。なので、このワインはピノ・ノワールのワインです。

造り手は、国立ワイン醸造管理場の「クロスター・エーバーバッハ」
醸造所です。 ドイツの、ラインガウには国立醸造所が何件もあり、
リューデスハイム、シュタインベルク、ラウエンタール、ホーホハイム
などがありますが、この「クロスター・エーバーバッハ」が頂点となる
醸造所らしいです!! 羽根を広げた「鷲」のマークで有名です!
1135年創業の超老舗で、修道院(=クロスター)の修道士さんたち
によって中世からワイン造りが盛んに行われてきました。現在では
181.9ヘクタールという広大なブドウ畑をラインガウの各地に所有し、
ハッテンハイム村の銘醸畑「シュタインベルガー」は、超有名です!
そして、9年前に政府から独立してからは、さらなる品質を追求して
自由なワインつくりが出来るようになり、品質が格段にアップしている
らしいです~!!

2010年には、世界最先端の設備を備えたドイツで最も近代的かつ
機能的なセラーを建設。ここでは特に果汁の質にこだわり、クリーン
な果汁を搾るために、圧搾は究極のソフトプレスをしているのです!
(リンゴを絞る力が300としたら、圧搾には1.2という僅かな力のみ!)
ピノ・ノワール100%で、オーク樽の大樽で9ヶ月の熟成です!!



普段はリースリングの白ワインがメッチャ有名なドイツの超老舗の
「クロスターエーバーバッハ」!!、しかもアスマンハウゼンにある
単一畑のピノ・ノワールとくれば!、僕たち「安旨ワイン探検隊」が
見逃すハズはありません~~。いざっ、オ~プン~ですぅ~~。
f0182173_22354127.jpg
このワイン、開けてスグから素晴らしい香りがグラスに広がります!
薄旨系な感じで、イチゴやプラムなどの果実感と森林浴のような
複雑さが程良い酸味とバランス良く重なっていて、美味しいです!
時間が経つに連れて、さらに奥行きが出てきて、最後の一口まで
薄旨でとても美味しかったです~~。さすがはクロスター・エーバー
バッハだと思いました!・・・・。


こんな感じの面白いワインはいかがですか~~。
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしていますぅ~~。
よろしくお願いします~~~。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-06-17 07:34 | お店のご案内

<< ファミリーで初トライのクライミ... LOOK 566 のレポート~。 >>