ヴィンテージ・スコッチウイスキーのご案内~。

今回は、お店の在庫にある少し古くてレアなスコッチウイスキーを
新たに開けたいと思います~。

「カティーサーク12年、エメラルド」です~~。
f0182173_10401820.jpg
このユニークな形のボトルの「カティーサーク12年、エメラルド」は、
漫画「レモンハート、11巻」にも出ているブレンデッドスコッチです。
特級表示はありませんが、約20年ほど前のボトルです・・・。


そして、この「カティーサーク」を造っているのは、ロンドン最古の
ワイン&スピリッツ商である「ベリー・ブラザー&ラッド社」です~。
ベリー・ブラザー&ラッド社」は、1698年に創業。当時は紅茶や
コーヒー、香辛料などを主に扱っていましたが、18世紀からワイン
を主に輸入販売して現在に至っています。そのベリー・ブラザー社
が自社のオリジナルブランドのウイスキーとして1923年に造った
のが、この「カティーサーク」なのでした。 当時アメリカは禁酒法
時代!・・・、そのアメリカをターゲットとして、グレンロセスを中心と
してライトタイプのブレンドにされたようです。ネーミングに悩んだ
らしいですが、当時の輸出は帆船でされていたので、その時代に
「海の女王」!と言われる程活躍していた帆船「カティーサーク号」
から名前を取って付けられたようです! 

この帆船「カティーサーク号」は、当時中国やインドから紅茶を運ぶ
ティークリッパーとして活躍していた船で、オーストラリアからイギリス
まで羊毛をいかに速く運ぶか!というが競われていたらしいですが、
この「カティーサーク号」が1887年に打ち立てた69日間という記録
は、未だに破られていません! それ程速かったという事でしょう!
そしてアメリカに進出する新しいウイスキーにその「カティーサーク」
の帆船のネーミングがピッタリだ!という事で、スコッチウイスキーの
「カティーサーク」が誕生したのでした~!!


f0182173_10401332.jpg
ボトルの形は、灯台かランタンをモチーフにしたと言われているようで、
下段のラベルは帆船の絵が描かれています・・・。これは、たぶんこの
ウイスキーの絵の「カティーサーク号」が実際に航海した場所やたどり
着いた港の絵だと思います。 

この「カティーサーク12年」のウイスキーの中身は、「ローランドモルト」
をベースに、「グレングラッソー」や「グレンゴイン」などの柔かいハイランド
モルトをブレンドした後に樽熟成させ、その後グレーンウイスキーを加えた
後さらに樽熟成させるダブルマリッジ製法で、更に磨きをかけて造られて
いる高級品らしいです!!


5月にブログで書いたスタンダードの「カティーサーク」よりも、コチラの方
を先に開けたいな~とか思っています。ウイスキーラヴァーなみなさん!
「カフェ・スプリングバンク」へのご来店お待ちしています~!!
よろしくお願いします~~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by springbk | 2015-08-25 07:38 | お店のご案内

<< 夏から秋へ お花と共に・・・ バンフ映画祭まで、もうあと少し~!! >>